G&G製 0.25g バイオBB弾のレビュー | エボログ

G&G製 0.25g バイオBB弾のレビュー

何番煎じだよというか、なんというか。
古参のバイオBB弾なのでユーザーも多いと思うのですが、実は私はあまり使ってない弾なんですよね…。

何故私がG&Gの0.25gを買わない理由は精度とかそういうのではなく単に「1KGも消費できないから」という点が大きいです。
基本的にバイオBB弾はいくら乾燥剤が入っていても開封したらどんどん劣化していきます。

開封したら1日で使い切るのが理想なのですが、1000発でも1日のゲームでは使い切らない事があるのに4000発とか使い切ろうとすると1ヶ月近くかかってしまいます。
色々銃を調整してめちゃくちゃシューティングレンジで消化する時は大袋持っていっても良いんですがね…。

そんな理由で私はG&G 0.25gを使っていません。
最近、G&Gも小袋を出している事を知ったのですが、どうも入荷している店舗が少ないようで、入手性が悪いですし…。

という訳で、そんなG&GのバイオBB弾、0.25gのレビュー記事になります。
1KG(4000発入り)の大袋です。

G&Gは昔から圧縮袋のような感じの密閉した袋に入っています。
昔はマルイのバイオBB弾も圧縮されていたのですが、最近の製品は圧縮されていない場合が多い気がします。

中には大きな乾燥剤が入っています。

という訳で、いつも通りの重量測定。
適当に10発つまんで測りにかけていきます。

Googleドライブに上げてるスプレッドシートの方にも、新しいシートを追加して更新しています。

結果は下記の通り。
最大:0.253g
最低:0.249g
誤差:0.004g
平均:0.2513g

非常に安定していますね。
まあ、東京マルイが使っている所と同じ工場で作られているというもっぱらの噂なので、東京マルイのバイオBB弾とほぼ同じ結果になるのは必然でしょう。

BB弾のゲージを通すテストも5.98mmを全弾通過しました。

 ぶっちゃけ、ここまで色んな会社の弾が全弾通過しちゃうと検証の意味も無いので、やっぱりもう一回り小さいゲージが欲しいです…。