Amazonで売られてた安い万力を買ってみたら中々凄かった【NUZAMAS 吸盤式フリーアングルバイス】 | エボログ

Amazonで売られてた安い万力を買ってみたら中々凄かった【NUZAMAS 吸盤式フリーアングルバイス】

今まで使っていた安物の万力が壊れたので、更に安い万力を買ってみました。
ちなみに、前使っていた奴は2500円位のもので、メーカーはSK11でした。(2013年に購入したものなので、5年位使ってた事になります…)

そして、今回購入した万力は、今まで使っていたSK11の万力とほぼ同じ形状・機能性でありながら2000円と、ちょっと安い金額の商品です。

口の部分を覆うゴムカバーに加え、首の回転、底部の吸盤など欲しい機能は一通り揃っています。

首の部分を曲げるとこんな感じ。
首の角度は自由に調整する事が出来ます。

内側はこんな感じで横線1本と縦線が2本入っており、棒状のものを挟み込む時も便利です。

しかし、精度はとにかくゴミクズでした。
まず、口の部分が傾いています。

上から見るとこんな感じ。
しっかり締め込んでも隙間が空きます。

こんな状態で、物を挟み込むと傷が付くどころか、変形してしまいそうです…。

更に、万力を開閉させるネジ山が荒く、かつ歪んでいる為、ハンドルがスムーズに回せません。
回らない訳ではなく、回してたら途中で引っかかる感じです。

背面の吸盤はこんな感じ。
割と硬いゴムで出来ており、隙間のないツルツルした場所ですら全く吸着しません…。

何の為の吸着機能なのか。
前回買ったSK11の万力はしっかり吸着出来ていましたし、900円で買った樹脂製万力ですら、10秒位なら吸着してたんですがね…。

ハンドルがスムーズに回せない問題や、吸盤が吸着しないという問題は直すのが難しそうなので置いとくとして、歪んでいる口の部分をなんとかします。

口の部分をバラしてみた所、ネジ穴との位置がめっちゃずれてます…。

反対側も同様。
ここまで同じようにズレてると、もはや個体差じゃなくて仕様レベルですね。

削ってズレを補正するのはかなり面倒なので、ワッシャーを足して口を浮かせる事にしました。

これで穴のズレが問題にならない程度に浮きました。
また、ネジ穴の縁にバリが出ており、それが歪みの原因にもなっていたので、そこも削っています。

割と強引な修正方法で精度は出ていないと思いますが、とりあえずこれで万力の口がちゃんと閉じれるようになりました。

横から見るとまだちょっとズレてますが、まあこの程度なら許容範囲内でしょう…。

たった500円の差で、ここまで精度の差が生まれるのであれば、素直にSK11買った方が良いですね…。

あんまり工具にはお金を掛けたくない人間なので、なるべく安くて使える工具を選びたい所なのですが、今回購入した「NUZAMAS 吸盤式フリーアングルバイス」は、間違いなく安物買いの銭失いになるパターンの製品ですね。