S&T製のABS BB弾、PRECISION BBs 0.28g ABSを買ってみたのレビューします | エボログ

S&T製のABS BB弾、PRECISION BBs 0.28g ABSを買ってみたのレビューします

「明日サバゲーじゃん!0.28g使いたいけど、手元にない!Amazonで今日中に発送出来る0.28gBB弾は無いか…」と探していた時に間違って樹脂弾の方を買っちゃったんですよ…。
完全に誤発注です。

S&Tを買った理由としては「これだけが当日中に届く0.28gの弾だった」という理由だけです。

あと、今までさんざんS&T製のBB弾を使って良かった試しが無いのですが、0.28gはまだ買ったこと無かったですし、試しに…と買ってみたのですが、商品が到着して、ラベルに「ABS」と書かれていて間違った商品を買った事に気づきました。

行くフィールドは屋外で、バイオBB弾必須なので、この弾は使えません…。
樹脂弾が使えるインドアだと、今度は0.28gという重量弾を使える場所が少ない気がします…。

という訳で、S&T PRECISION BBs ABS弾 0.28g 2000発のレビューをしていきます。

BBボトルに入っているBB弾で、2000発1000円程度と、結構安いです。

ボトルの蓋(ノズル部分)を外すと更に内側に紙製の蓋が付いていました。

その下に銀紙が。
以前購入した0.25g バイオBB弾のボトルと同じような仕様でした。

BB弾の色は若干赤みがかかった白色。
光沢は少なく、よく見るとブツブツした模様が確認出来ました。

また、うっすらパーティングラインが見える弾もちらほら見受けられました。
バリはしっかり処理されている為、変形とかは無く、単に跡が見えるというだけですが…。

重量測定

では、いつもどおり重量を測っていきます。
適当につまんで測りにかけていきます。

  1. 0.282g
  2. 0.284g
  3. 0.283g
  4. 0.277g
  5. 0.276g
  6. 0.281g
  7. 0.285g
  8. 0.283g
  9. 0.282g
  10. 0.278g

最低:0.276g
最大:0.285g
誤差:0.009g
平均:0.2811g

さすがはS&T。
相変わらずの誤差の量に安心してしまいます。

ただし、たまに軽い弾が混じっているだけで、概ね0.28g前半で安定している感じもします。

今まで試してきた0.20g、0.25gよりもマトモな感じがします。

大きさの計測

続いて、大きさを計測していきます。
いつもどおり、KSC製のBBゲージを使って分別していきました。

まず、5.95mmを通過した弾は40g。

尚、5.95mmを通過した弾を測りにかけた所、0.28gを下回る弾が多かったです。
恐らく、上の計測で検出された軽い弾は少し小さい弾なのかもしれません。

逆に5.98mmを通過しなかった弾は110g。
尚、これらの弾は全て6.00mmのゲージは通過したので、大きすぎる弾は混ざってい無さそうです。

これらの結果から、全体的に大きなサイズである事は間違いないのですが、今まで試してきたBB弾とは違ってインナーバレルを通過しないといった問題が起きる心配は無さそうである事が分かりました。

実際、試射用の弾として使っていますが、弾づまりや大幅な初速のブレなどの問題は起きていません。
樹脂弾なので、使える場所は限られてしまいますが、樹脂弾OKでかつ、弾の重量制限が無い場所であれば普通に使えそうな感じです。

流石に精密射撃には不向きだとは思いますが…。