EMERSON製レプリカ TACO MAP(LBTとHSGIのコラボ商品)を買ってみた | エボログ

EMERSON製レプリカ TACO MAP(LBTとHSGIのコラボ商品)を買ってみた

本当、なんでもコピーされる時代ですねぇ…。
という訳で、LBTとHSGIがコラボして作った『TACO MAP』をEMERSONがコピーした製品を見かけたので買ってみました。

こちらはLBTとHSGIのコラボレーション商品で、LBTのミッション・アダプティブ・パネル・システム(Mission Adaptive Panel System)と、HSGIのTACOポーチを組み合わせた製品が元ネタになっているのだと思われます。

中央のピストル用マグポーチの仕様がちょっとだけ違う位で後はほぼ同じですね。

実物のマルチカム生地に、コーデュラ繊維を使い、品質チェックのタグまで付いています。
最近のEMERSONはなんでもありですね。

こちらの商品はLBTのMAPシステムに対応する製品の為、裏側は全面ベルクロで、上部にファステックスが付いているのが特徴になります。
そのため、MAPシステムに対応するプレートキャリアやバッグ類に取り付けて使う必要があり、MOLLEウェビング等には非対応になります。

パネルの左右にはダブルデッカーのTACOポーチが付いており、中央はLBTっぽいデザインのライフルマガジンポーチとピストルマガジンポーチ2つが付いている形状になります。

TACOポーチはまあ普通のレプリカTACOポーチです。
実物のTACOに比べるとゴムは柔らかめでテンションが弱いですし、樹脂も柔らかいです。

中央のマガジンポーチの内側には滑り止めの処理がされています。
ゴムバンドによるテンションも掛かっているので、簡単には脱落し無さそう。

とりあえず、EMERSONのタグを切り落としておきましょうか…。

今回はVELOCITY SYSTEMSのLWPCに取り付けようと思っていたので、まずはファステックスを買ってくる必要がありました。
今回買ってきたファステックスはITW製のファステックス、『ITW Nexus GT QASM』です。

このようなちょっと変わった形状のファステックスで、メス側をプレートキャリアに取り付け、オス側をパネルに取り付けて使います。

プレートキャリアの胸辺りに付いているウェビングにファステックスを取り付けます。

両方のウェビングに取り付けたら完了です。
後はパネルを取り付けるだけ。

という訳で、こんな感じになりました。

マガジンを入れるとこんな感じになります。
公式の画像を見ると左右のピストルマガジンポーチにはライトやニッパーか折りたたみナイフ的な物を入れているようなのですが、このように全部ピストルマガジンポーチとして使う事も出来ます。

ちょっとずつプレキャリが盛られていっています。
ただ、近々別のパネルに置き換えられるかもしれません…。

というのも、今回取り付けたパネルはライフルマガジンもピストルマガジンも収められる製品なのですが、ここまでマガジン携行しなくて良いかな…とも思ったりしているので…。