MAGPUL PTS MASADA SVバージョンのストックを手に入れたので、PTS MASADA ACRに取り付けました | エボログ

MAGPUL PTS MASADA SVバージョンのストックを手に入れたので、PTS MASADA ACRに取り付けました

MAGPUL PTS MASADA SVバージョンに付属する独特なデザインのストック、カッコよいので欲しかったんですけど、中々手に入らないというか、そもそも単品販売してない物なので入手するの大変なんですよね…。
たまにヤフオクに流れているのを見かけた事はありますが、どれもこれもプレミア価格で異様に高いし、更に美品で希望の色を…となると尚更大変。

という訳で、そんな『SVストック』を手に入れる事が出来ました。しかも、欲しかった黒色。
物々交換だったので実質0円。

持ってる人は持ってるんですねぇ…。
まあ、持ってそうな人に声を掛けてみたんですけど…。

SVストックの反対側はこんな感じ。
スリングスイベルの有無以外は、左右対称なデザインです。

SVストックの特徴は固定ストックであることと、ストックの中央が三角形にくり抜かれている事です。
MAGPUL UBRストックのように小物入れを取り付ける想定なのでしょうか…。

ここにはめ込むオプションパーツがあるのかは不明。
私は見たこと無いですけど…。

チークライザーは折りたたみ伸縮ストックモデルと同様に可動します。
ほんの少し角度がつくだけですが、構えてみると『なんか違う』といった感覚になります。

バットプレートは程よい硬さで、グリップ力の強いゴム製です。

SVストックの長さは折りたたみ伸縮ストックよりも長く、2ポジション引き伸ばした時と同じ位の長さがあります。

MAGPUL PTS MASADAに取り付けるとこんな感じ。

全体像はこんな感じ。
超スローペースですが、マサダが組み上がってきました。

尚、ストックが長くなった分、最初は構えた時に違和感がありましたが、ちょっとの差な事もあって何度か構える練習してたら割とすぐに慣れました。

本当、そろそろ内部も着手してサバゲーに持っていかないとなぁ…。(未だに何もやってない)

まあ、このマサダ自体、定期的に起きる「マサダが欲しくなる病」を治す為に買ったような物なので、どちらかと言うとコレクションアイテムの要素が多いんですけどね…。