薄型・軽量の3連ライフルマグポーチ、HUSAR LOW PROFILE 3MAG SHINGLE 1.0のレビュー | エボログ

薄型・軽量の3連ライフルマグポーチ、HUSAR LOW PROFILE 3MAG SHINGLE 1.0のレビュー

ミリタリー用品やエアーガン向けのカスタムパーツを扱うオンラインショップであるMilitaryShop TORAYAMA様より、『HUSAR LOW PROFILE 3MAG SHINGLE 1.0』をお借りしたのでレビューしていきます。

製品をお借りして記事にしていますが、いつも通り思ったことを良し悪し問わず色々書いていきます。

今回レビューするのはポーランドにあるミリタリーギアメーカー、HUSAR社製の3連ライフルマガジンポーチになります。
製品名(LOW PROFILE)の通り、薄さが特徴の製品になります。

この製品、「ブルー・なんちゃら・ギア」と言ってはいけません。
違いますよ!

自分は見た瞬間、「ええ…」ってなりましたけど。

こちらの製品の特徴は、エラステックバンドのテンションのみでマガジンを保持する仕様である事が特徴です。

エラステックバンドはかなり固めで、Blue Force Gear Ten-Speedシリーズで使われているエラスティックバンドよりも少し肉厚で硬めです。
Tasmanian Tiger製品で使われているエラスティックバンドの硬さに似ているかもしれません。

背面はこのように、全面がハイパロンで出来ています。
グリップ力が高く、軽量かつ高耐久性が特徴なこちらの素材はMOLLEウェビングに最適なのかもしれません。

MOLLEに編み込ませる紐の末端には樹脂のような程よい硬さの板が付いており、これを折り返して差し込み、固定する仕様になっています。

マガジンを入れるとこんな感じ。
M4のSTANAGタイプを入れてみたのですが、かなりタイトです。
エラスティックバンドが伸縮するので、ある程度大きなマガジンを入れる事も出来るとは思いますが、STANAGでこれなら同じ5.56mm用でも厚めのマガジンだと入れるのに苦労すると思いますし、AK系のマガジンを入れるのはちょっと現実的ではないかもしれません。

※大きく傷が付いてしまう可能性があるので、強引でも入るかどうかは未検証。

尚、Pマグは背中部分の突起が干渉して奥くまで入れる事が出来ませんでした。
そもそも各所にある突起が引っかかってしまい、入れるのに苦労します。

抜くときは割とスムーズに抜けるんですがね…。
入れる時が大変です。

尚、このエラスティックバンドは簡単に外れてしまわないように強固な縫製が施されています。
赤矢印の三箇所が折り返して縫われています。

とにかく薄さと軽さに特化したマガジンポーチですね。
それでいて十分な強度を保てるような素材が選ばれている印象があります。