AK系からAR15系、G3のような大きなマガジンにも対応するライフルマガジンポーチ、HUSAR WRAP Rのレビュー | エボログ

AK系からAR15系、G3のような大きなマガジンにも対応するライフルマガジンポーチ、HUSAR WRAP Rのレビュー

2018年12月31日

ミリタリー用品やエアソフトガン向けのカスタムパーツを扱うオンラインショップであるMilitaryShop TORAYAMA様より、『HUSAR WRAP R ライフルマガジンポーチ』をお借りしたのでレビューしていきます。

こちらの製品はマガジンの大きさに合わせてサイズを微調整する事が出来るマガジンポーチです。

展開するとこんな感じになります。
左側がマガジンポーチ本体、右側が付属品のフラップです。

例のごとくハイパロンをふんだんに使った仕様になっています。

裏面はこのようにMOLLEウェビングに取り付ける為の紐が付いています。
こちらも全てハイパロンで作られています。

マガジンポーチのサイズ調整方法は、まずマガジンをポーチの上に置いて、フラップのような部分を折り返します。

続いて、エラスティックバンドをしっかり伸ばした状態で固定し、再びフラップを折り返します。

最後にバンジーコード+ツマミのパーツを正面や後ろ側のベルクロに取り付ければ完成です。

このバンジーコード+ツマミを外して、付属のフラップに替える事も出来ます。
この自由度の高さがHUSAR WRAPシリーズの良いところですね。

AR15用のマガジン(MAGPUL Pマグ GEN3)を入れるとこんな感じになります。

フラップの固定位置を調整する事で、AKのような長めのマガジンに対応させる事も出来ます。

更に、7.62mm弾を使うような太いマガジンでも、エラスティックバンドの位置を調整する事で対応させる事が出来ます。
このマガジンポーチ1個でこの通り多種多様なマガジンに対応させる事が出来るのです。

マガジンの保持はエラスティックバンドによるテンション保持なので、マガジンの大きさが変わっても調整すればしっかりテンション保持してくれますし、抜く時はもちろんマガジンポーチにマガジンを戻す時もスムーズに行えるのが良いですね。

汎用マガジンポーチではあるのですが、あたかも専用品かのような使い勝手の良さが、このマガジンポーチにはあります。