C&C製 東京マルイGlockシリーズ用 Velocity Armsタイプ カスタムトリガーを買ってみた | エボログ

C&C製 東京マルイGlockシリーズ用 Velocity Armsタイプ カスタムトリガーを買ってみた

何かと乗りに乗っている(気がする)C&C tac製品、東京マルイ Glockシリーズ(Glock17/18/22/26/34)対応のVelocity Armsタイプ カスタムトリガーを買ってみました。

Glock22が対応しているという事は似たトリガーバーの構造を持ったGlock19にも付きそうな気がしますし、WEやKJ等の東京マルイGlockコピー系にも対応していると思います。
StarkArmsとか微妙にマルイと寸法が違う銃に関してもトリガー周りは大体一緒なので、多分付くでしょう。

内容物はC&C tacのシールとトリガー本体、トリガーセーフティー2種長さ違いのイモネジが2本、スプリング1本です。

最初、何でトリガーセーフティが2個付属するんだろう?と思ったんですが、見比べてみた所微妙に寸法が違っている事が分かりました。
相性問題を回避する為に「相性良い方使ってね!」という事なのかもしれません。

という訳で、トリガーを組み立てていきます。

付属のスプリングをトリガー内の溝に差し込みます。
割と緩いので、瞬間接着剤とかで固めてしまっても良いかもしれません。

少しトリガーセーフティーの動きが渋かったのでオイルを塗布して組み込みました。

まずはトリガーセーフティーその1(グリップ側と干渉してトリガーを引けなくする部分の先端が斜めに削られている方)

もう一方のトリガーセーフティーは斜めに削られておらず、角度も異なっている為、かなり大きく突出する形になっています。

恐らく、1つ目のトリガーセーフティーの仕様だとトリガーセーフティーが掛からないような個体の場合は2つ目のトリガーセーフティーを使うと良さそうです。
逆に2つ目のトリガーセーフティーの仕様だとトリガーが引けなくなってしまうような事があれば、1つ目のトリガーセーフティーを使うと良さそうです。

トリガーバーに取り付けます。
東京マルイ Glock34に付属してきた純正のトリガーバー(Glock17と同じもので、「G17」と掘られています)に取り付けています。

Glockに取り付けるとこんな感じになります。
グリップはGUARDER製のGEN2グリップなのですが、検証した所2つ目のトリガーセーフティーを使うとトリガーが引けなくなってしまうというか、強く引けば何とかトリガーが引けるのですがスムーズに動かないので1つ目のトリガーセーフティーを使いました。

トリガーの角度はこんな感じになります。

某社製のSAIトリガーのように、ストローク量を調整する機能等は付いていないようですが、見た目はいい感じですね。

あと、GEN2フレームの銃にこんな特徴的なトリガーを付けるとめっちゃ浮きますね…。
やはりGEN2フレームなら素のGlockが一番似合うのでしょうか…。