Templar’s Gear シングルハンドガン マガジンポーチ FMPDSのレビュー | エボログ

Templar’s Gear シングルハンドガン マガジンポーチ FMPDSのレビュー

2019年5月26日

ミリタリー用品やエアソフトガン向けのカスタムパーツを扱うオンラインショップであるMilitaryShop TORAYAMA様より、『【Templar’s Gear】シングルハンドガンマガジンポーチ FMPDS』をお借りしたのでレビューしていきます。

今回お借りしたのはマルチカム柄ですが、マルチカム、コヨーテブラウン、ブラック、グレーの計4色がラインナップとして存在します。

レーザーカットによって綺麗に切断された断面が特徴的な当製品ですが、全体的に生地が薄く、縫い目の数や生地の枚数が最小限に抑えられているので軽量であるのも特徴の1つだと思います。

裏面はこのようにMOLLEウェビングに取り付ける仕様になっています。

マガジンポーチの口と側面はこんな感じ。
HSGI TACOマグポーチとよく似た構造で、コの字状の樹脂板をバンジーコードのテンションで抑えているような仕様になっています。

また、マガジンポーチの内側には滑り止めの素材も縫い付けられています。

マガジンポーチに掛かるテンションはバンジーコードの長さを調節し、コードロックでバンジーコードを固定して行います。

マガジンはダブルカラム、シングルカラム両方に対応し、SOCOM MK23のような少し太めのマガジンも問題なく入ります。
写真右がUSPのマガジン、写真左がSOCOM MK23のマガジンを入れています。

シングルカラムマガジンに関しては若干前後に隙間ができるので、少しバンジーコードのテンションをキツめにしてあげる必要があります。

また、FN57のような少々規格外のサイズのマガジンも半ば強引な形でなら入れる事が出来ます。

また、マガジンだけではなくフラッシュライトやサプレッサーなどを入れる事もできますね。

共にあまりに太い物は無理ですが、直径35mm程度の太さであれば大丈夫そうです。