コンパクトに畳む事が出来る、Primary Arms製シューティングマットのレビュー | エボログ

コンパクトに畳む事が出来る、Primary Arms製シューティングマットのレビュー

2019年7月22日

Primary Arms Compact Shooting Mat』という製品を購入したのでレビューしてみます。


「シューティングマット」というのはその名の通り射撃時に使用するマットで、プローン射撃する時に服が汚れないようにしたり、マットの上に工具や弾薬等を置いて汚れや紛失を防ぐ為の物になります。

ナイロン製のマットで、折り畳まれている状態ではファステックスで固定されています。

畳まれた状態だと約10cm×20cmのサイズではあるものの、展開すると183cm×76cmのサイズにまで大きくなります。

また、マットの端の方にはステーク(杭)を挿してマットが剥がれるのを防ぐ為の穴も設けられています。
基本的に屋外でプローン射撃をする際に使用する為の物なので、こういった仕様になっているのでしょう。

シートに伏せた状態でちょうど肘辺りが当たる部分(赤矢印の部分)には厚めのスポンジが入っており、腕が痛くならないような配慮がされています。
このスポンジ、中々便利な機能でした。

先日の30mチャレンジで使ってみましたが、プローン射撃をする際にはこういうマットがあると便利ですね。

もっとも、値段重視で考えると「レジャーシートで良くね?」という発想にもなりますが…。(今はセール中で19.99ドルですが、本来は49.77ドルもします)
専用品を選ぶの自体、趣味の一つですしまあ良いかなと。

尚、使用後は水洗いして乾かすのが良いと思います。
結構サイズが大きいので、ちょっと面倒くさいですが…。

特に今の季節(梅雨時期)だと外干しがし辛かったりするので、風呂場の換気扇の乾燥モードが重宝します。