SCALARWORKSレプリカ PEAKアイアンサイトを買ってみた | エボログ

SCALARWORKSレプリカ PEAKアイアンサイトを買ってみた

2020年1月27日

SCALARWORKS製のアイアンサイト、『PEAK/01』を模したレプリカ製品を買ってみました。
FIRSTアメ横店にて複数個在庫があったのですが、なぜかこの1つだけバルクみたいな感じの簡素なビニール袋に入っており、数百円安く売られていたので買ってみました。

Amazonで売られている物よりも少し安かったですが、物は同じだと思われます。

このような形状のアイアンサイトで、20mmレールに取り付ける仕様です。
材質はアルミ。ピープサイト部分やネジはスチールで出来ています。

20mmレールに取り付ける為のネジはフロントサイト、リアサイトそれぞれ1つずつ付いています。
付属のトルクスL字レンチを使用します。

フロントサイトはこんな感じ。

リアサイトはこんな感じ。

しっかりSCALARWORKSが入っており、色も綺麗。
実物との大きな違いは、UpやRightの表記と矢印が白色じゃない位でしょうか…。(実物は凹刻印ではなく白文字になっている模様)
かなりクオリティの高い製品だと思います。

ピープアパーチャーはシーソー式で、距離に応じて切り替える事が可能になっています。
近距離用(0〜200m)の大きな穴の物と、遠距離用(対応する距離は不明だが、恐らく300〜600m)の小さな穴の物があります。

リアサイト、フロントサイト共に位置を調節する事が可能です。
リアサイトは左右方向に動かす事が可能で、側面の円盤状のパーツを指の腹で回す事が可能。
フロントサイトはダイヤルを回す事で調節が可能です。

実物だと1クリックで0.5MOA動くみたいです。
レプリカの仕様は不明ですが、とりあえずちゃんと稼働しますししっかりゼロインする事も可能だったので普通に使える感じ。

という訳で、こちらのアイアンサイトを先日組み上げた16インチ仕様のPTWアッパーに取り付けていきます。

フロントサイト、リアサイト共にネジを外してから、20mmレールの末端からスライドさせるようにして取り付ける必要があります。

こういった取り付け方故に、銃の構造によっては取り付ける事が出来なかったりする事があります。
AR15系であれば問題はありませんが、それ以外の銃に取り付ける場合は事前に取り付ける事が出来るかの確認をした方が良いでしょう。

フロントサイト、リアサイト共に取り付け完了です。

サイトピクチャーはこんな感じ。
左が大きなピープ、右が小さなピープです。

このアイアンサイトを使ってレンジで撃ってきましたが、ちゃんと使えました。
ゼロインも問題なし。

覗きやすさに関しては馴染みのあるA2タイプピープサイトと同じような感覚で使えるのが良いですね。

光学サイトを使う最にも「慣れ」の問題はつきものですが、アイアンサイトは光学サイト以上に慣れが必要な気がするので、こういうオーソドックスなデザインのピープサイトは練習する手間を省けるので良いですね。

基本的に光学サイトばかり使ってるので、たまには原点に帰る感じでアイアンサイトを使うのも良い気がします。