ELEGOO MARSのレジントレイのFEPフィルムを交換しました | エボログ

ELEGOO MARSのレジントレイのFEPフィルムを交換しました

2020年10月22日

レジントレイの底部には薄い透明のフィルムが貼られているのですが、これの傷が目立つようになってきたのと曇ってきたので交換する事にしました。
曇りであればあまり大きな影響は無いのですが、傷は造形物にも反映されてしまうので…。

という訳で純正のフィルム、『ELEGOO FEPフィルム Mars光造形 LCD 3Dプリンター用 140*200 MM 0.127mm 厚さ (5枚セット)』を買ってみました。

こんな感じのフィルムが5枚入っています。

フィルムの交換方法はパッケージに記されているので、この手順で作業を行えば問題ありません。

という訳で、FEPフィルムの交換を行っていきます。
まず、トレイ裏側に付いているネジを10本外します。
そうするとトレイのフチと底部に分離させる事が出来ます。

続いて、フレームに付いている24本のネジを外します。
この通り、外すべきネジがメチャクチャ多いんですよね…。

これでフレームに付いているFEPフィルムが外せるので、新しいFEPフィルムに交換します。
FEPフィルムは少し厚手の保護シートで表面が保護されているのでそれを剥がして使います。

 

後はネジを挿し込んでいきます。
当たり前ですがフィルムにはネジ穴など空いていないので、ネジを入れつつ穴も空けるみたいな感じになります。
この際、フィルムが歪んだりすると駄目なので、注意が必要です。
個人的には対角線上に締め込んでいくと良いと思います。

24本のネジを締め込んだら余分なフィルムを切断します。

次にレジントレイのフチに固定します。
この時、FEPフィルムが引き伸ばされ、レジントレイに密着します。

後は10本のネジを締め込めば完成です。

尚、このフィルム交換したのは半月程度前なのですが、その後大量に出力を行い「そろそろまたフィルム交換しないとかな〜でもまだ大丈夫かな〜」なんて思ってちょこちょこ傷ついた状態で使い続けていたら大きな物を出力する際の成形ミスが増えてきました。

ただ、小さい物であれば問題なく出力出来ていたので放置していたのですが、遂にフィルムが破れてレジンが溢れ出してしまいました。
出力中だった為、破れた部分はレジンが固まって塞がったので、そこまで悲惨な事にはなりませんでしたが、LCDディスプレイ上にレジンがべっとり付着。
事前に筐体とディスプレイの隙間にポリイミドテープを貼っていたお陰で助かった感じです。

多分ポリイミドテープが無かったらディスプレイの隙間から筐体内に浸水してディスプレイ交換、最悪の場合赤外線を照射する機械が故障していた可能性もありますね…。

という訳で、FEPフィルムの交換は少し手間が掛かりますがそこまで高い物でも無いので少し傷ついてきたらどんどん交換していった方が良さそうです。