HELIKON TEX オールラウンド タクティカルグローブのレビュー | エボログ

HELIKON TEX オールラウンド タクティカルグローブのレビュー

2020年12月16日

HELIKON-TEX ヘリコン オールラウンド タクティカルグローブを、MilitaryShop TORAYAMA様よりお借りしたのでレビューしていきます。

こちらのグローブは『ブラック/グレー』と『コヨーテ』をS、M、Lの3サイズお借りしているので、サイズ感なども含めて紹介していこうと思います。

という訳で、まずはグレーの方のグローブから紹介します。
左からS、M、Lです。

パット見で分かると思うのですがSサイズが色違っており、MサイズとLサイズは少し赤みが強いです。
これはロット差らしく、サイズによる色の違いとかエラー品という訳では無いようです。

それにしても、結構色違ってますよね…。

コヨーテの方は全て同じ色でした。
写真左からS、M、Lサイズです。

という訳で、グレーの方は色以外のロット差があるかを確認する為にも、一応SサイズとMサイズで細部の紹介をしていきます。

まず、全体像はこんな感じ。
手の甲側は明るいグレー、暗いグレー、黒などと色が多いですね。
手のひら側は基本黒。

手首側は生地内側に入っているゴム紐とベルクロで締め付ける仕様となっています。
柔軟な素材なので比較的自由度が高いグローブです。
パラコードループも付いているので、装着しない時は装備に引っ掛けておく事が出来ます。

ベルクロはこんな感じ。
ベルクロも色が違ってますね。

手首の内側にはタグが縫い付けられています。
タグの表面はツルツルした感じでそこまで邪魔にはならない感じ。

手の甲にはヘリコンテックスおなじみのカメレオンがプリントされています。
何となく蛍光っぽい雰囲気があったので、試してみたんですが、別にそんな訳ではなく、単なるこういう色のラバーっぽい材質のインクでした。

手のひら側はこんな感じ。
サラサラとした肌触りの良い素材で出来ています。

指先はこんな感じで、中指の所だけ異なる生地になっているのが分かります。
この部分だけタッチパネル(静電容量方式)に反応する仕様となっているので、グローブを着用した状態でスマホやタブレットを触る場合は中指で操作する必要があります。

また、親指の外側の生地がマイクロファイバーになっており、スマホなどの画面の汚れを拭く事も出来る仕様になっています。

グローブを装着するとこんな感じ。
自分は普段メカニクスグローブのSサイズを使っているのですが、このグローブもSサイズでちょうど良いサイズ感でした。

握るとこんな感じ。
全体的に伸縮性の高い素材で出来ている為、違和感なくスムーズに握りこぶしを作る事が出来ます。

薄手で伸縮性の高い生地なんのでフィット感がとても良いですね。

続いて、コヨーテの紹介します。
基本的な構成はグレーと同じで、色が違うだけという感じですね。

ベルクロやパラコードもコヨーテカラーになっています。

手の甲に入っているカメレオンロゴはこんな感じ。

指先のタッチパネルに反応する中指だけ黒色になっています。
生地の都合上これは黒色にしかならなかったのでしょうかね…。

装着するとこんな感じ。

握るとこんな感じ。

Sサイズ、Mサイズ、Lサイズでのサイズ感の違いはこんな感じでした。
黒よりもコヨーテの方がシワの具合が分かりやすかったので、コヨーテで撮影しています。

まず、SサイズとMサイズは結構サイズ感が似ていますが、少しMサイズの方がゆとりのある感じ。
普段Sサイズのグローブがちょうど良い人でもピチピチ感が嫌いな人はMサイズを選ぶと良いかもしれません。
Lサイズは明らかにデカイですね。指先も1cm程度余ってます。

グレーS、グレーM、コヨーテを装着した状態で銃を握るとこんな感じ。
グリップ力は程よい感じで、薄めのシボでもしっかりグリップする事が出来ます。