ELEGOO MarsのLCDディスプレイがおかしくなったので、補修パーツを買ってきました | エボログ

ELEGOO MarsのLCDディスプレイがおかしくなったので、補修パーツを買ってきました

2021年1月4日

ELEGOO MarsのLCDディスプレイに何か影、シミ?みたいなのが出てくるようになってきて、これの影響で造形不良が起こるようになってしまいました。
何か黒いシミみたいな物が色んな所に浮かび上がってるんです。

内側にレジンが漏れたという訳では無さそうで、液晶ディスプレイの液漏れみたいな感じがするのですが、とりあえずこのような造形不良が起こるようになってきました。

後、LCDディスプレイの不良と関係あるかは不明ですが、造形途中で裂けるような事も頻繁に起きるようになりました。

ずっと同じ設定で印刷していて、LCDディスプレイの調子が悪くなってから突然こういう事が起きるようになったので何かしら関係がありそうな気がしてます。

ELEGOOの良いところはAmazonで簡単に補修パーツを購入する事が出来る点だと思います。
今回はELEGOO Mars用の2K LCDディスプレイを買ってきました。

中にはディスプレイの他に両面テープやコネクタなどが入っています。

という訳で、まずはELEGOO MarsからLCDディスプレイを外すために筐体をバラしていきます。
まず、両側面に付いている六角ネジ(写真左赤丸)を外してフロントパネルを外します。

これでフロントパネルを外す事が出来ます。
尚、ディスプレイ側にフレキシブルケーブルが伸びているので、無理に引っ張らないように気をつける必要があります。

ディスプレイ側のフレキシブルケーブルはLCDディスプレイ交換時に外す必要は無いのですが、色々触っているうちに何かに引っ掛けて損傷させてしまうのが怖いので念の為外しておきます。
黒いテープを剥がして引っ張れば抜けます。

続いて、LCDディスプレイのコネクタを外します。
こちらは基板上からはめ込まれる形で固定されているので、引っ張れば外れます。

続いて、LCDディスプレイを剥がします。
カッターナイフや薄いヘラを使ってディスプレイを剥がします。
先端をちょっと入れると簡単に剥がす事が出来るので、剥がすのは難しくありませんでしたが、パキパキとディスプレイ表面のガラスが割れていきました。

剥がす時にLCDディスプレイを損傷させたくない場合はかなり気をつけて作業する必要があると思います。
例えば事前にヒートガンなどでフチを温めたり、無水エタノールを染み込ませるなどの処置をして、両面テープの粘着性を落としてあげるとかした方が良い気がします。

LCDディスプレイの奥にはUVライトの照射機が確認出来ます。
こういう構造になってたんですね。

UVライト機やLCDディスプレイの下に配置されている透明のガラスプレートには特に問題は無さそうでしたし、やはりレジンが侵食したような痕跡はありませんでした。

外したLCDディスプレイ本体のガラスと液晶面を分離させてみてもシミみたいな跡はありませんでした。
やはり液漏れだったのでしょうか…。

という訳で、新品のLCDディスプレイに交換していきます。
両面テープも付属しますが、最初から貼られていたテープもまだ使えそうだったのでそのままLCDディスプレイを取り付けます。

ちなみに、この補修パーツには両面テープの他にコネクタやテープも付属するのですが、これらのパーツは今回使いませんでした。
特にコネクタはロットの違いで必要になるのか、もしかしたらAnycubic Photonと互換性があるとの事なので、Anycubic Photon用なのかも知れません。

LCDディスプレイから伸びているフレキシブルケーブルを少し折り曲げつつ、コネクタを基板に接続。

分解時に外しておいたフロントパネル側のフレキシブルケーブルも戻します。

後は電源を入れて動作チェック。
見事、シミが消えている事が確認出来ました。

LCDディスプレイ交換後に何度も出力していますが、今まで起きていたような造形不良は発生しなくなりました。

ディスプレイの交換自体はそんなに難易度高くないですし、LCDディスプレイ本体の値段も2599円と結構お手頃なのでLCDディスプレイに何か異常を感じたら直ぐ交換した方が良い気がします。
でないと無駄に時間とレジンを消費するだけです…。(だいぶ無駄に消耗してしまった…)