Direct Action HARD GLOVESのレビュー | エボログ

Direct Action HARD GLOVESのレビュー

2021年1月27日

Direct Action HARD GLOVESを、MilitaryShop TORAYAMA様よりお借りしたのでレビューしていきます。
今回お借りした物はSサイズ(普段私がSサイズのグローブを使っている為)になります。

こちらは伸縮性のある生地を使用する事による高いフィット感が特徴のグローブです。

グローブの手の甲側はこんな感じ。

手のひら側はこんな感じ。

ではこのグローブの細部を見ていきます。
まず、手首はこんな感じでゴムのような弾性のある素材で出来ており、そこにハイパロンのような材質のリングが付いています。

何かに引っ掛けて保管する事も出来ますし、このリング部をZERO ALLIGATOR-CLIPなどで挟み込んで固定する事も出来ますね。

手首の部分にはベルクロが付いているので、よりフィット感を高める事が出来ます。

手の甲の部分にはラバーのような材質でDirect Actionのロゴが入っています。
こちらの面は全体的に伸縮性のある生地で出来ており、引っ張ると程よく伸びます。
また、メッシュ生地でもあるので通気性が比較的高いです。
ただし、ロゴの部分は完全に通気穴が埋まっているので、ここは空気が通りませんね。

手のひらはこんな感じ。
こちらはサラサラとした肌触りのある合成皮革で出来ています。

指先はこんな感じ。
関節部分に折り目が付いているのがポイントです。
これにより、指を曲げた時に引っ張られるような違和感を低減する仕様になっています。

指先の反対側はこんな感じで、指先をよく見ると中指と親指の指先だけ生地が違っている事が分かります。

写真左が人差し指〜小指、写真右が親指

このグローブは中指と親指でのみタッチパネル(静電容量方式)に反応する仕様と鳴っており、おそらくこの生地が違っている(上から縫い付けられている)のは静電気を蓄えやすい生地になっているのだと思われます。

こういう構造なので、グローブを装着した状態でスマホやタブレットを操作する場合は中指か親指で操作する必要があります。

グローブを装着するとこんな感じ。
今回お借りしたのはSサイズで、普段からメカニクスグローブのSサイズを使っている私の手のサイズにピッタリでした。

握る動きもスムーズに行う事が可能で、自然な感じで握る事が出来ます。

銃を握るとこんな感じ。
手のひらの肌触りはとても良いのですが、程よいグリップ力があるので、小さなシボ加工でもしっかり握る事が可能です。
しかし、ツルツルした表面だと滑ってしまいます。