Amazonで売られていた、謎の自称G&G 0.25g バイオBB弾(4000発で1590円)を買ってみた | エボログ

Amazonで売られていた、謎の自称G&G 0.25g バイオBB弾(4000発で1590円)を買ってみた

2021年4月19日

「レビュー用に何か変なBB弾無いかな〜」とAmazonを探していた時に「まだこの弾残ってるのか…何者なんだろうな」と思い、謎のBB弾を買ってみる事にしました。

精密 バイオBB弾 0.25g 4000発 サバゲー サバイバルゲーム 電動ガン ガスガン エアコッキング対応』という商品名なんですが、ブランドがG&Gになってるんですよね。

というわけで、どんなBB弾が届くのかワクワクしながら買ってみました。

届いたBB弾がこちら。
ダンボールに入ったBB弾は初めて見ました。
正式名称?なのかわかりませんが、「R-バイオBB弾」という商品名のようです。
中国産。(尚、G&Gは台湾産)

ダンボールの中に袋に詰まったBB弾が入っています。

袋の内側は少し粉っぽい感じで、白い付着物がついていました。

口はチャックになっていますが、テープで止められていました。
BB弾の袋がテープで止められているのは始めて見ました…。
ちなみに、チャックは見るからに頼り無さそうな感じで、開けた瞬間に口の左右が少し割けたので、袋の強度は残念な感じです。

常用するなら別途、BB弾を入れる為の袋やBBボトルを用意したおいた方が良いでしょう。

という訳で、こんな感じのBB弾です。
色はかなり真っ白で若干の光沢感があり、G&Gの0.25gとは違う色ですね。
尚、後ろに敷いているのは白のコピー用紙です。

恒例の気泡チェック結果はこんな感じで適当に10発割ってみましたが気泡は無さそうでした。
安いBB弾=粗悪なBB弾=気泡だらけってケースは少なくはないのですが、案外普通なのかも知れないです。

加熱テストの結果は、モンスターボール化しました。
よくあるバイオBB弾と同じ方法で製造されている感じですね。

続いて、燃焼テストです。
結果、刺激臭の無い白い煙が出てきたので、素材はPLAである可能性が高そうです。
燃焼テストだけで全てを把握する事は出来ませんが、少なくとも自称バイオBB弾のプラ弾やセミバイオ弾である可能性はかなり低そうです。

適当に数百発程度摘んでBB弾のサイズチェックを行いましたが、結果は5.98mmでは全弾通過、5.95mmは1発も通らないという結果になりました。
BB弾のサイズのバラツキは5.95mm〜5.98mmの間で安定している事が分かりました。

これまでの結果を見るに、「メチャクチャ普通のバイオBB弾」である事が分かります。
コスパめっちゃ良いじゃん。

それでは最後に重量計測です。
結果は、

  1. 0.205g
  2. 0.203g
  3. 0.204g
  4. 0.206g
  5. 0.203g
  6. 0.205g
  7. 0.204g
  8. 0.206g
  9. 0.204g
  10. 0.204g

平均:0.2044g
最大:0.206g
最低:0.203g
誤差:0.003g

…0.20gじゃねーか!!!

最初、測りがバグったのか?とも思ったんですが、ちゃんと0.25gは0.25gでした。

いつもの10発以外にも、無作為に摘んだ弾を計測してみましたが、何発測っても0.20gという結果に。

という訳で、この謎の自称G&G 0.25g バイオBB弾ことR-バイオBB弾は0.20gですね。

最後に、先日ゲームに持っていって試射してきましたが、0.20gとして考えるとかなり普通な感じで至って普通の飛び具合で給弾不良みたいなトラブルも起きませんでした。