MAGPUL AFG-2 アングルフォアグリップを買いました(新パッケージ) | エボログ

MAGPUL AFG-2 アングルフォアグリップを買いました(新パッケージ)

2021年7月9日

KEL-TEC RDBのセットアップ色々調べてるとやたらと皆AFGを付けていたので、自分も真似してAFGを付けてみる事にしました。
実際、似合ってましたし。

という訳で、MAGPUL AFG-2 アングルフォアグリップを買ってきました。
別にレプリカでも良かったんですが、RDBの樹脂の質感が良いだけに、フォアグリップの質感がしょぼいと組みあわせた時に残念な感じになりそうだったので、実物にしました。

という訳で、新パッケージ(白パッケージ)になったMAGPUL AFG-2です。
ODと黒のツートンカラーにしたかったので、黒色を選択。

こんな形のパーツです。
まあ、あまりに有名すぎて見たこと無いって人は居ないんじゃないですかね…?

目立たない所(レールへの取付面)に刻印が入っています。

上部のネジを外して20mmレールに固定します。
ちなみにこのネジはマイナスドライバーか1/8インチの六角ドライバーで外す事が可能ですが、一応3mmの六角ドライバーでも外せます。

他の3箇所のネジは7/64インチの六角ドライバーで外す事が可能です。
これらのネジを外すとAFG-2を真っ二つにする事が出来ます。

真っ二つにする事でフィンガーチャンネルの板を外す事が可能で、フィンガーチャンネルの有無を切り替える事が出来ます。

自分はフィンガーチャンネル無しの方が好きなので、フィンガーチャンネル無しのパネルに交換しました。

RDBのハンドガードに取り付けるとこんな感じ。
かなり前側にしつつ、握り込んだ時に親指がハンドガードから飛び出さないような位置にしました。
ちょうどスリングスイベルがハンドストップ的な役割を担っていて、安定感があります。

ついでにAFGとトリガーガードの間の20mmレールにはレールカバーを取り付けました。

という訳で、RDBのハンドガード周りはこんな感じになりました。