SALOMON(サロモン) ハイキング シューズ OUTline Gore-TEX メンズを買いました | エボログ

SALOMON(サロモン) ハイキング シューズ OUTline Gore-TEX メンズを買いました

2021年9月29日

大体年1〜2回の頻度でサロモンの靴を買ってるんですが、また買いました。
今回購入したのはOUTline Gore-TEX。カラーはBurnt Olive / Black / Safariです。

もっとブラウン寄りの深い緑を想像してたんですが、思いの外明るめでした…。
商品写真これですから…。

まあ…許容範囲内です。

サロモンらしいデザインではあるものの、特徴的な模様がラバーコーティングになっています。
このコーティング部の色が「Burnt Olive」って感じなんですかね。
生地は黒とブラウンのツートーンで、これが「Black/Safari」ですかね。

このタイプの靴って、よくラバーがひび割れてきたりするんですがこれは大丈夫なんですかね、ちょっとそこが気になります。
まあ、せいぜい1年位しか履かないので別に良いんですが…。

靴紐も黒とブラウンのツートーン。

舌の部分にSALOMONのロゴが入っており、この部分が革になっています。
メカニクスグローブでも使われているような生地で、肌触りが良いです。(肌に触れない部分ですが…)

舌の裏側には生産国とサイズの表記が貼られています。
カンボジア産なんですね。

靴の内側はこんな感じ。
インナーソールはおなじみのOrtholite。

二重構造のシンプルなタイプが入っていました。

踵はこんな感じ。
ここに製品名が入っています。

サロモンのソールってこんなにシンプルだっけ?と思ったんですが、廉価版はこういう感じみたいですね。
硬さや突起の形状は他のモデルと似てますが、滑り止めの強さは弱めな印象があります。

もっとも、普段履きなら特に問題は無いと思います。
ただ、悪路(山道や水辺など)を歩くには前後方向にも左右方向にも滑りやすそうで、少々不安が残るデザインのように感じます。
後ろ側は横方向の滑りには強い感じがするので、歩く時に意識すれば良いだけかもですが…。

まあ、『ハイキングシューズ』ですし、そこまで滑り止めの強いソールという訳では無いようです。
普段履きでは何の問題も無い程度のグリップ力はあるので、問題は無いでしょう。