Evolution Gear製REPTILIAタイプ Aimpoint micro T1/T2用 Lower 1/3マウント(1.54インチ/39mm)を買いました | エボログ

Evolution Gear製REPTILIAタイプ Aimpoint micro T1/T2用 Lower 1/3マウント(1.54インチ/39mm)を買いました

2021年11月17日

Evolution Gear製のREPTILIAタイプ Aimpoint micro T1/T2用 Lower 1/3マウント(1.54インチ/39mm)を買ってみました。
色は黒色。

内容物はマウントベースのみ。
ネジなどは付属しないので、ドットサイト側に付属するネジか、別途ネジを用意する必要があります。

マットで濃い黒色のアルマイトが施されており、2100円という値段の割には質感はそんなに悪くはない感じ。
本当、最近の中華レプリカ品は品質上がってきましたよねぇ…。

例のごとく、刻印もしっかり入っています。

T1マウント固定部は左右非対称な仕様なので、組み合わせるドットサイトの種類によっては段差が気になるかも知れません。
20mmレール固定部はピカティニーレールに対応しています。

クランプする部分にはスプリングが入っており、20mmレールに取り付ける際にスムーズに取り付けられるようになっています。

前から見るとこんな感じ。
中央の窪みが特徴的ですね。

とりあえずVortex Crossfire Red Dotを取り付けてみました。

尚、マウント下部にドライバーのシャフトを通すための穴が空いているのですが、小さいのでいつも使っているAnexのドライバーが使えず、使い勝手が悪いですがL字レンチを使いました。

取り付け自体は問題なし、ドットサイトとマウントの間に違和感のある段差もありません。
というか、相性の良さそうなドットサイトを選んで取り付けたんですがね…。

この基部の左右非対称が段差を生まないポイント。

マウントの高さはLower 1/3 Co-Witness。
一般的なアイアンサイトよりも少し高い位置にドットサイトのレティクルが配置される高さになります。

サイトピクチャーはこんな感じ。
この時の見え方もスリムで良いですね。

というわけで、Evolution Gear製REPTILIAタイプ Aimpoint micro T1/T2用 Lower 1/3マウント(1.54インチ/39mm)のレビューは以上になります。
本当、ここ数年でT1互換系のレプリカマウントの選択肢増えましたよねぇ…。

昔は純正形状かAmericanDefenceとかLaRue、Knight’sなどの超王道メーカー位しか無かったというのに…。
REPTILIAって割とマイナーメーカーじゃないですかね…?