新型バイオBB弾 Gallop(ギャロップ) 0.20g弾レビュー | エボログ

新型バイオBB弾 Gallop(ギャロップ) 0.20g弾レビュー

先日、Gallopの0.28g弾のレビューを書きましたが、今度は0.20g弾です。
こちらも、0.28g弾同様、サバイバルゲームフィールド yaNex様よりお借りしたサンプル品になります。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

Gallopの0.28gバイオBB弾のレビューはこちらから

今回、検証に使ったのは0.25g〜0.28gの弾を飛ばす事を想定して設定してあるARES GSG G14です。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

Gallop(ギャロップ) 0.20gバイオBB弾 検証動画(電動ガン)

0.20gの弾で50mというロングレンジを狙うのはなかなか難しい所ですが、今回はHOPを少し強めにかけて強引に飛距離を稼いでいます。
その為、40mを過ぎた当たりから急激に弾が上昇し、45m付近で弾が最も持ち上がっている状態になります。

50mに届いた頃には弾の威力は殆ど無い感じで慣性に任せて自由落下してるような状態なのですが、それでも左右のブレは比較的少ないです。
これは、弾の重心が安定している証拠だと思われます。
弾の重心が不安定だった場合、弾のバックスピンが安定せず、威力(速度)が落ちてくると弾が左右にブレてしまう場合が多いのですが、このギャロップ弾ではそういった事があまり感じられませんでした。

G&Gの0.20g弾と比較してもかなり安定したドロップ弾道だと思われます。

また、袋から適当に20発掴んで、弾の重量を計測してみた所、最低が0.198g、最高が0.203gと、0.005g程度の誤差でした。
0.28gの時の誤差が0.006gだったので、誤差の範囲はほぼ同じ感じでした。
IMG_0446

とりあえず、販売が開始されたら0.20g、0.25g、0.28g、0.30gと一通りバリエーションを購入して試してみようと思います。