インクジェットプリンターと転写シールを使ってパッチを作ってみる | エボログ

インクジェットプリンターと転写シールを使ってパッチを作ってみる

インクジェットプリンターと転写シールを使って、蓄光パッチを作ってみます。
IRパッチにしたければIR板や反射板等を買ってくればそれっぽくなります(見た目だけなら反射板で十分だと思います)

という訳で、A-ONEの転写シールとダイソーで蓄光シールを買ってきました。
01d75e563eba8a4c1aac8105b28d671a8d1ad286c1_1

今回作るのはyaNexパッチ。もちろん、非公式。
先週参加した、1周年記念定例の時に持っていく為に作りました。

まず、yaNexの公式ウェブサイトからロゴを拝借、Illustratorでトレースします。
最初、単調な色だしライブトレースで行けるかな?と思ったんですが、イマイチだったので結局手動でトレースしました。
Screenshot_1

このデータを左右反転させて転写シールに印刷。
0195b3c98633edeec8c6905e8991a88f513a42f177_1

後は、蓄光シールに貼るだけです。
貼り方は転写シールの取扱説明書通りにやるだけ。
010401da950e0bced68be34e8f478bcf2bc2b442b7_1

転写シールを蓄光シールに貼ったら、裏面にベルクロテープを貼ります。
今回は両面テープタイプの物を使いました。

で、実際に光らせてみたのがこれ。
015dbeb4adcf02da75baa93a0f0f6327cd07f6ec72_1

割りとしっかり光ります。
冬場は日が落ちるのが早いので、この蓄光パッチの光が見える機会が多いのが良いです。
ちなみに、ゲーム中日陰等位所に入ってもパッチがキレイに光るので、普通にバレます。