AA-12のノーマルマガジンを分解してみる | エボログ

AA-12のノーマルマガジンを分解してみる

AA-12の本体分解記事は書いたものの、マガジンの分解記事を書いていなかったので、今更ながら分解してみます。

まず、今回分解に使ったのは新品のノーマルマガジン。
やっぱり、分解するなら新品だね。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

分解の前に少しだけ外観のレビューを。

大根おろし器と呼称されるこのマガジン、実際滑り止めの凹凸が凄く痛いです。
グローブを付けて握ると物凄い滑り止めが効いていい感じなのですが、素手だと本当痛いです。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

AA-12のマガジンは最後まで糾弾できる構造になっています。
ちなみに、最後1発だけ残った時は中央のバレルから弾が出ます。2発残った時は中央と左右どちらかのバレルから弾が出ます。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

という訳で、ここからが分解。
まずはマガジン底部の蓋に付いているネジを外します。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

蓋を外して、マガジンのインナーを押し出すとこのように抜けます。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

マガジンのインナーを分解する前にまずはスプリングを抜いておきます。
スプリングガイドが分解前に取り外せるのはとても便利ですね。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

スプリングを抜くとこのようなパーツも出てきます。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

後はインナー側面のネジを外していくだけです。
ちなみに、ネジの本数は多いですが、長さやピッチは同じなので組み立て時に間違えて違うネジを入れちゃうような事は起きないと思います。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ちなみに、インナー中央に金属パーツが入っていますが、これは何の変哲もない単なる錘です。
重量調整や高級感(重量感)を演出する為に、マルイのエアコキとかによく仕込まれてますよね。
あれと同じ感じの物です。

これのおかげでマガジンの重量感を調節しているのだと思います。
ちなみに、マガジンの錘を抜くと軽すぎてびっくりするほど安っぽいマガジンになります。

という訳で、これでマガジンの分解レビューは終了。
ちなみに、既に色んな人がやっていますが多連打マガジン化は今のところやる予定はありません。

個人的にゼンマイマガジンが嫌いなので・・・。(ゼンマイ巻くのが面倒くさい)

やるとしたらドラムマガジン化ですかね。
適当なドラムマガジンが安く手に入ったらやってみようかと思っています。


その他のAA-12関連記事はエアーガンレビュー一覧ページから。