GALLOP(ギャロップ) バイオBB弾を再度レビューしてみます(0.25gと0.28g) | エボログ

GALLOP(ギャロップ) バイオBB弾を再度レビューしてみます(0.25gと0.28g)

GallopのバイオBB弾は、市販される前のサンプル品から使わせてもらっており(これはレビュー用として貰った物ですが)、製品発売後にAmazonで全種類の弾を買ってレビューしたりしていました。

この弾はロットを経ても非常に安定した精度を持っていたので、0.25gに関してはマルゼンのバイオBB弾が出てからは使っていませんが、0.28gに関してはGallop弾を使い続けています。

そんなこんなで中々に思い出深いこのGALLOP 生分解性バイオ 精密BB弾ですが、再度レビューしてみます。
最初のレビューは発売直後という事もあり、非常に高い精度を持っていましたが、ロットを重ねた結果どうなったのかという点でレビューしていこうと思います。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

まずは弾の表面から。
見た目はG&Gやマルイと大差無い感じで、色も真っ白ではなく若干グレーっぽい感じ。
適当に数十発つまんでみてみましたが、バリやモンスターボールなどのエラー弾は見当たりませんでした。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

続いて、重量測定です。
袋から適当に10発つまんで測りにかけていきます。
測りはいつも使っている小数点以下第3位まで求められる物です。

GALLOP 生分解性バイオ 精密BB弾 0.25g

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

結果は下記の通り。

  • 0.252g
  • 0.250g
  • 0.250g
  • 0.250g
  • 0.249g
  • 0.251g
  • 0.249g
  • 0.252g
  • 0.250g
  • 0.249g

平均重量:0.2502g
最大重量:0.252g
最低重量:0.249g
重量誤差:0.003g

正直、驚きの結果です。
発売からかれこれ1年ちょっと経っていますが、精度は安定しているようです。

先日レビューした東京マルイ ベアリングバイオ 0.25g BB弾に匹敵する安定性です。

実際にASG CZ EVO3(DSGカスタム)やARES ハニーバジャー、SYSTEMA PTWなどで使っていてもイレギュラーな飛び方(フライヤーや変化球など)や給弾不良、弾づまりなどが起きる事は一切なく、非常に安定した弾道を描いて飛んでくれていました。

GALLOP 生分解性バイオ 精密BB弾 0.28g

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

結果は下記の通り。

  • 0.280g
  • 0.278g
  • 0.279g
  • 0.278g
  • 0.278g
  • 0.279g
  • 0.278g
  • 0.279g
  • 0.278g
  • 0.277g

平均重量:0.2794g
最大重量:0.280g
最低重量:0.277g
重量誤差:0.003g

0.28gより低めな重量の弾が多かったですが、重量のばらつきは少なく誤差も0.003gと非常に安定しています。
いろいろな弾を見てきましたが、0.28gの弾を使うならこれがベストですね。

こちらも0.25g弾と同様、イレギュラーな飛びや給弾不良、弾づまりなどは起きませんでした。