トロイタイプのフリップアップ アイアンサイトを、蓄光サイトにしてみた | エボログ

トロイタイプのフリップアップ アイアンサイトを、蓄光サイトにしてみた

キメラM4用に買ったトロイタイプのフリップアップ アイアンサイトを蓄光サイトにしてみました。
随分前に書いた、蓄光サイトを作ったネタとほぼ同じですが・・・。

という訳で、素体となるのがこのトロイのフリップアップ アイアンサイト。
リアサイト(左)が、BIG DRAGON製で、フロントサイト(右)がノーブランドです。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

まず、リアサイトの加工から。
まず、分解します。
分解自体は簡単で、リアサイトの左右を調整するためのダイアルを指で抑えながら、反対側の六角ネジを緩めていきます。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

リアサイトの溝を広く、深く掘っていきます。
今回素体にしたリアサイトはひし形をしており、アイアンサイトとしては特徴的な、十字の形をしたレティクルになっています。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

続いて、フロントサイト。
こちらは特に分解は必要無さそうでしたので、そのまま加工しています。
フロントサイトは凸の頂上付近を掘っていきます。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

掘った所に夜光プラスタを塗っていきます。
こちらは、エポキシ系の蓄光材で、AB剤を混ぜあわせる事で硬化・発光するようになります。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

少量で良いので、チューブから出してかき混ぜます。
硬化するまではそれなりに時間を要するので、しっかりかき混ぜるのが良いです。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

かき混ぜたらサイトに掘った溝に塗っていきます。
なるべく気泡が入らないように少し塗っては押しつぶして、また少し塗っては押しつぶしてを繰り返します。

溝が完全に埋まったら硬化を待ちます。
完全硬化までには半日程度掛かるので、気長に待ちます。

硬化が終わったら溢れた部分をカッターナイフやデザインナイフ等で切り落とし、整形していきます。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

完成した蓄光アイアンサイトはこんな感じ。
何だか十字に光るレティクルがカッコイイです。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

フロントサイトはピントの問題で見えづらいですが、肉眼だとちゃんと目視出来るレベルの明るさになっています。
ちなみに、蓄光の持続時間は2~3分程度なので、サバゲーで使いたい場合はライトで照らして定期的に光を補充させる必要があります。