マイクロドットサイト用に20mmレイル対応のハイマウント、LayLax NITRO.Vo OPTICAL HIGH MOUNTを購入 | エボログ

マイクロドットサイト用に20mmレイル対応のハイマウント、LayLax NITRO.Vo OPTICAL HIGH MOUNTを購入

先日購入したBushnell First Strike用に、LayLax NITRO.Vo OPTICAL HIGH MOUNTを購入しました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こちらのマウントは、20mmレイルに対応した光学サイト用のハイマウントベース(ライザーマウントベース)で、高さは約30mm(ライラクス公式サイトによれば、28mm)あります。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

柱部分が斜めになっているのが特徴的ですね。
20mmレイルへの固定は、手回しのネジです。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

という訳で、Bushnell First Strikeを取り付けてみました。
小型なマウントなので、このような小さなドットサイト、いわゆる「マイクロドット」が良く似合います。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

斜め後ろから
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

M4に取り付けてみた所。
最近、シューターの間ではやってる感じの取り付け方になります。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そういえば、元々この柱部分が斜めになっており、ドットサイトを前側に取り付ける事が出来るライザーマウントは、マグニファイア(ブースター)や、NVGと一緒に運用する事が出来るようにする為の物だったはずなのですが、今では単体で使うようなマウントでもこのように斜めになっている物が多いですよね。

見た目がカッコイイからかな・・・?
それとも、構えた時の視野の問題?

まあ、具体的な理由はよくわかりませんが、私はカッコイイので斜めになってるマウントを愛用しています。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA