SYSTEMA PTW リコイルモデルの外装を弄っていきます【B5はいいぞ】 | エボログ

SYSTEMA PTW リコイルモデルの外装を弄っていきます【B5はいいぞ】

昨日購入し、ファーストインプレッション記事を書いたSYSTEMA PTWのリコイルモデルですが、サバゲーに持って行く前にとりあえず外装だけ弄る事にしました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

予約をした段階から「こういう構成にしよう!」というのは既に考えており、組み込むパーツはある程度購入してたんですよね…。
という訳で、昨日購入したSYSTEMA PTW リコイルモデルの外装を弄っていきます。

まず、ストックは以前レビューした「CRUSADER B5タイプ BRAVO ストック(CR-GM01-0016)」を取り付けます。
以前のレビュー時点でストックの内径が狭くてミルスペックのバッファーチューブに入らないという問題がありましたが、チマチマ紙ヤスリで削って入るように調整しておきました。
現状、まだ少しタイトですが、暫く使っていたら少し広がって馴染んでくるでしょう。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

続いて、ハンドガードも交換します。
ハンドガードもまたB5です。
こちらは以前レビューしたものの色違いで、今回黒色を買いました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

取り付けるとこんな感じ。
やっぱりB5ハンドガードの細さは良いです。
下部にはハンドストップも付いており、凄く握りやすいです。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

構えた時にフロントサイトに付いているスリングスイベルが邪魔だったので、外しました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

グリップも交換します。
家に転がっていたKingArms製のタンゴダウングリップを取り付けました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

最後に、マガジンキャッチを交換します。
最近私が好んで使っているMATCHタイプのマガジンキャッチで、通常のマガジンキャッチよりボタンの部分がグリップ側に伸びているのが特徴的です。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

取り付けるとこんな感じ。
これを付けるだけでマガジン交換のしやすさが劇的に変わります。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

という訳で、SYSTEMA PTW リコイルモデルは、こんな感じになりました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

これでB5ハンドガードが付いたM4が2台になりました。
手前がASCU2 Gen4を組み込んだE&L M4、奥がリコイルトレポン。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA