E&L M4にFLリベットを使ってアンチローテーションリンクを付けました。 | エボログ

E&L M4にFLリベットを使ってアンチローテーションリンクを付けました。

先日のサバゲー中にトリガーピン(電動ガンなので、レシーバーとメカボックスを固定する為に使うダミーピンですが)が脱落してしまったE&L M4。
IMG_5781

恐らく、再度トリガーピンを入れたとしてもまた同じように脱落してしまう可能性があるので、アンチローテーションリンクに変える事にしました。

しかし、困った事にE&L M4のフレームにはダミーハンマーピンの突起が無いのです。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

電動ガン用のアンチローテーションリンクは、一般的にハンマーピンの突起を使うので、E&L M4には電動ガン用のアンチローテーションリンクを取り付ける事が出来ないのです。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そこで登場するのが、HIQPARTS製のFLリベットです。
プラモデル用のディテールアップパーツで、材質は真鍮です。
アンチローテーションリンクの窪みが4mmちょっとだったので、直径4mmのFLリベットを購入しました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ちなみに、TwitterのフォロアーさんにこのFLリベットの存在を教えて貰いました。

FLリベットはこんな感じで、裏面に棒状の突起が飛び出しています。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

これをアンチローテーションリンクを取り付ける為に必要な、ハンマーピンの突起として使います。
まずレシーバーのダミーハンマーピンの中央を掘ります。
FLリベットの突起が埋まる程度の深さがあれば良いので、そんなに深くなくていいです。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

開けた穴に接着剤を流し込んで、FLリベットを貼り付けます。
反対側も同様の作業を行い、完全硬化を待ちます。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

接着剤が完全に硬化し、FLリベットががっちり固定されたら、アンチローテーションリンクを取り付けます。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

アンチローテーションリンクを取り付ける際、ネジロック剤をしっかり塗布しておきます。
結構このネジも使ってると銃の振動とかで緩んでくる事がありますからね…。