SYSTEMA PTW リコイルモデルの予備マガジンを3本購入したので錆止めを塗っておきました | エボログ

SYSTEMA PTW リコイルモデルの予備マガジンを3本購入したので錆止めを塗っておきました

マガジン1本、14500円(税別)。
バッテリー付きとは言え、凄まじい価格だと思います。
まあ、SYSTEMA純正マガジンとSYSTEMA純正バッテリーと、更に新規開発の機構を考えると妥当な値段な気もしてきますが…。

という訳で、SYSTEMA PTW リコイルモデル専用マガジンを購入しました。
というか、これもSYSTEMA PTW リコイルモデルと同時に予約していたのですが、出荷が遅れていた事もあって、手に入れたのは先週末でした。

また、ファーストインプレッション記事でも書いた通り、SYSTEMA PTWリコイルモデルのフロアプレートは非常に外れやすく、サバゲーで使っている最中に紛失してしまう恐れがあったので、MAGPULも一緒に購入しました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

という訳で、こんな感じで外れやすいフロアプレート〜・・・

と言いたかったのですが、3本ともピンポンチ+ゴムハンマーで叩かないと外れない位にガチガチでした。
どういう事やねん。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

上の写真位の位置位までずらすと、手で引っ張れば外れる位の硬さになります。

トレポンに付属してきたマガジンのフロアプレート、片手で簡単に外れたのに…。
個体差なのか?それとも僅かな間に修正されたのか…?

とりあえず、買ってしまった物はしょうがないので、付けました。
まあ、万が一って事もあるからね…。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

でも、やっぱり充電の度に外さないといけないのが面倒くさいですね…。
専用コネクタになっても良いから、バラさずに充電できるようになって欲しい…。


続いて、錆止めを塗布しました。

SYSTEMAの純正マガジンはとにかく放置すると直ぐに錆びます。
それはもう、悲しいくらいに。(左がほぼ新品、右が錆びまくったマガジン)
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こうなる事を防ぐためにも錆止めを塗っていきます。
基本的にサバゲー終わったら毎回塗るのが理想なのですが、正直面倒くさいので、私はなるべく浸透性の高い錆止めを使うことにしています。

今回使うのはエーゼット製の長期防錆オイルです。
色々な錆止めを試した中で一番効果が強かったです。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

欠点は臭いが少しキツイのと、乾ききってもマガジンが少しベタつく事でしょうか。
ベタつきは、オイルなので仕方ないと思いますが…。

本来ならマガジンのインナーやバッテリー等を外して塗布するのが良いのですが、面倒なので、端子部分だけ覆って塗っていきます。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

塗り方は至って簡単。
マガジンに数滴垂らしたら、マガジンの角度を変えてオイルを広げていきます。
ある程度広がったらウェスを使って更に塗り伸ばしつつ、余分なオイルを取り除きます。

水みたいにサラサラした液体なのと、どんどん浸透していくので、乾く前に塗り伸ばしていかないとムラが出てきてしまいます。

出来上がったマガジンはこんな感じ。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

3本のマガジンに塗り終わったら乾かします。
サキュレーターの前に並べて1〜2時間位放置します。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

これで終了。
使用頻度にもよりますが、半年くらいはノーメンテで大丈夫です。
汗だらけの手で掴んだりしてもそう簡単には錆びません。

ちなみに、先日のサバゲーでリコイルトレポンを試射してみたのですが、3本注2本が給弾不良、そして3本全てのマガジン全てにおいてボルトストップが機能しませんでした。
これらの修正に関するネタは後日まとめて記事にしようと思います。(今現在、調整中)

また、2本のマガジンにおいてフォロワートップが詰まってしまいました。
これの原因も後日記事にしようと思います。

そして、これは当然といえば当然な問題点なのですが、日陰であっても屋外でマガジンを放置してるとかなり暑くなります。
普通のマガジンならBB弾が変形して弾づまりするとか、その程度で済むのですが、リコイルトレポンのマガジンにはLiPoバッテリーが入ってますからね…。

実質バッテリーを放置してるのと何ら変わりがありません。
更に言うと、金属製で熱を持ちやすい箱の中にLiPoバッテリーが入ってるという状態です。

マガジンの保管方法は何かしら考えないといけないですね。
流石にマガジンが数本入るようなサイズのLiPoセーフティバッグなんて無いでしょうし…。

[追記ここから]

イーグル模型からデカイの出てました。
しかも、そんな高くない。

他にも、ラジコン用として売られてるセーフティバッグはデカイサイズのが色々とありそうです。

[追記ここまで]

扇風機の前とか、エアコンが掛かっている屋内とか、発泡スチロールの箱の中とか…。
とにかく、目を離しているスキに温まる事を防ぐためにも涼しい所に置いておくのが良さそうです。