最近、電動ガンに飽きてきたのでVFC MP5A2 GBBを買ってみました | エボログ

最近、電動ガンに飽きてきたのでVFC MP5A2 GBBを買ってみました

最近、電動ガンに飽きてきました。
何だか散々やり尽くした感じがあって、目新しいカスタム方法が思いつかないんですよ…。
でも、ガスガンに関してはまだまだ色々とデータ収集中なので、まだまだ楽しむ余地はあるかなと思っています。

という訳で、今回はVFC MP5A2のガスブローバックを買ってみました。
購入したのは新品ですが、マガジン欠品の物。お店の人に言って少し安くしてもらいました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

なので、本体の他、説明書とBBローダー+専用アタッチメント、国内用のノズルスプリング、HOP調節用の六角レンチのみ付属します。
ノズルスプリングはこんな感じで別の袋に入っています。
自力で交換出来ない場合はショップに以来しろとの事。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そして、VFC MP5シリーズ最大の問題点(だと思ってる)。
このクッソ長い六角レンチ。
これが無いとHOP調節が出来ないのです…。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

まあ、そんな訳で、VFC MP5A2のファーストインプレッションでも書いていきます。
撃つことが出来ないので、今回は外観のレビューと、分解レビューのみです。
マガジンを買ったらまた記事にしようと思います。

外観はこんな感じ。
まあ、UMAREXが関わってるだけあって非常にリアルな外観。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

マズルのリアルさはヤバイですね。
ちなみに、ダミーですがライフリングも掘られています。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

マグウェルの刻印はKal.9mm×19。
まあ、いわゆるドイツモデルですね。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

レシーバー上部にはHK MP5の刻印と、シリアルNO+6m BBとのレーザー刻印が施されています。
シリアルNOは個体によって違うらしい。(そう言えば、昔買ったVFC MP5A4 AEGの方もシリアルNOが入ってたっけな?)
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ボルトはこんな感じ。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ボルトオープン状態だと、ダミーのボルトが見えます。
今回購入したのは新ロット(2015年モデル)のようで、初期モデルに比べるとボルトのクオリティが低くなっています。
せめて、塗装でもしようかなぁ…。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

グリップはGBBなので空洞。
AEGに比べるとかなり細いです。
通常電動ガンの太さに慣れていると、違和感を感じるサイズ感。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ちなみに、VFC MP5A4 AEGはマルイより少しグリップが細いのですが、それでも流石にGBBほどではないですね。
GBBサイズを電動ガンで求めるなら、SYSTEMA TW5A4 1択でしょう。

ロアレシーバーの後ろ、ストックのつなぎ目の部分にはライセンスの表記がされています。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ストックはこんな感じ。
まあ、これは普通のMP5用固定ストックですね。
MP5A4で見慣れてます。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ハンドガードはピン1本で固定されています。
とは言っても、かなりタイトに固定されているので、ピンを付けている状態ではガタツキやキシミはありませんが、その半面ピンポンチ無しでは外すのが難しいです。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ストックの方も固定はピン1本。
ストックを外すとリコイルスプリングやボルト等が取り外せます。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

うーん。
やっぱりこのボルトが残念ですね…。
細かいパーツを別パーツにすると強度的な問題があったのでしょうか…。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ロアレシーバーのユニットは最高にリアルです。
これを眺めたり、カシャカシャ動かすだけで満足できるレベル。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ちなみに、VFC MP5A2のHOP調節はここまで分解しないと出来ません。
テイクダウンした状態で、付属のクソ長い六角レンチを突っ込んで、チャンバー下のイモネジを回します。
試しにインジェクションポートから六角レンチを突っ込んで調整出来ないか?と思ったのですが、非常にやりにくかったです…。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

続いて、バレルの方も分解していこうと思います。
バレルの分解をするにはまず、チャンバーの下部についているプラスネジを外します。
このネジも比較的長いドライバーが必要です。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

続いてフロントサイトを外し、アウターバレルを外します。
外し方はそんなに難しくないです。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

外せそうなパーツから順に外していったら、外せます。
分からなければググればOK。

最後にアウターバレル下部のイモネジを外して、インナーバレルとチャンバーを抜き出します。
かなりタイトに固定されていたようで、イモネジを外した後も「これで良いのか?」と疑問になりましたが、ゴムハンマーでインナーバレルを叩いたら抜けました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ちなみに、アウターバレルにもライフリング(っぽい物)が掘られています。
流石VFC。見えない所までリアルに作ってある…。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

後はチャンバーの分解です。
チャンバーは新型なので、マルイGBB方式になっています。
ちなみに、旧型モデルはAEG方式。
新型はチャンバーパッキンもマルイのGBB用を加工する事で使えそうなので、カスタムの幅は広そうです。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

純正パッキンは扇状の凸が付いている物でした。
硬さも精度も悪くはなく、ノーマルの状態でも問題は無さそうな印象…。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

という訳で、ファーストインプレッションはこんな所です。
全体的にグリスが飛んでしまっており、このまま使うと色んなパーツが削れてしまいそうだったので、組み立てる時に一通りグリスアップしておきました。

すり合わせ、噛み合わせ等は問題無さそうだったので、特に調整はしていません。
後はマガジンを買ってきて、動かしてみるだけです。