KSC AK74 ERGの外装カスタム(Part2) OPT Crews製 AK用 RMRマウントを取り付けてみた | エボログ

KSC AK74 ERGの外装カスタム(Part2) OPT Crews製 AK用 RMRマウントを取り付けてみた

KSC AK74 ERGの外装カスタムネタPart2です。
前回(Part1)では、Zhukovハンドガードを取り付けたのですが、今回は光学サイトを取り付けていきます。

という訳で、AKのリアサイトをRMRマウントにするアタッチメントを買ってきました。
メーカーはOPT Crews、材質はアルミです。

内容物はマウントと六角レンチ。
マウントは前側と後ろ側で分割されています。
ちなみに、付属の六角レンチはこの分割されている前と後ろのパーツを結合させる箇所のイモネジでしか使えないので、取り付ける際には他のサイズの六角レンチも別途必要です。

純正のリアサイトを外し、OPT Crews RMRマウントに交換します。
ポン付けOKでしたが、少しガタツキがあったので左右に0.25mmのシムを入れました。

こういう時に黒色のシムが役に立ちます。
普段はギアの色と同化してしまって面倒な事になりかねないのであんまり使わないんですが…。

側面のネジはマウント角度を決めるのに使うものだと思われます。
穴は2箇所に空いています。

それ以外にも後ろ側に付いているイモネジを回す事によってマウント自体の角度を微調整出来ます。

前側のイモネジはイマイチ何に使うのか分かりません…。
リアサイトの板バネを押し下げてテンションを上げる為の物なのでしょうか…?

続いて、マウント部を取り付けます。
こちらは左右に動かす事が出来るので、マウントの角度調節と併用すればマウント単体でゼロイン調整する事も出来ますね。

こんな感じで取り付けられました。

最後にRMRを取り付けます。
取り付けたRMRはPPT製になります。

RMRタイプドットサイトは色々なメーカーから出ていますが、一番レンズが綺麗な製品だと思います。(以前書いたレビュー記事を参考にどうぞ

サイトを覗くとこんな感じになります。
かなり低い位置に付いているので、アイアンサイトを覗くのと大差がありません。
当然ながらその結果、フロントサイトも視界に入ってくるのでちょっと邪魔…。

とりあえず暫くこれで使っていこうと思います。
しかし、少し気になったのはいかんせんマウント自体がしっかりロックされている訳ではないので、普通に使っているうちにマウントがズレてゼロインが狂う可能性があるのではないか?という所。

ちょっと暫く使ってみて様子を見る感じですね…。
ズレまくって使い物にならないレベルだったら別の方式のマウントを試そうと思います。