STW M4A1に付けているDYTAC製 10.5インチバレルをエクステンションで16インチに変えました。 | エボログ

STW M4A1に付けているDYTAC製 10.5インチバレルをエクステンションで16インチに変えました。

STW M4A1、何だかんだ割りと気に入っているんですよ。
この長いセッティングにも慣れてきましたし…。

ただ、ハンドガードに長いサプレッサーを入れるスタイルがイマイチかな?と最近思ってきたので、普通のアウターバレルに変える事にしました。
ちょうど以前、M4 MWS用に買ったエクステンションアウターバレル(エチゴヤオリジナル 5.5インチ)とOCT BCM Compensatorが余っていたので、これを使う事に。

PTW用のアウターバレルとかエクステンションバレルとかって、やたら高いんですよね…。
ぶっちゃけあんまりSTWにお金は掛けたくない(既に本体代を超える金額が外装カスタムで掛かっていますが)ので、今回はあり物を使う事にしました。

しかし、こちらのエクステンションアウターバレルは通常電動ガン用なので、トレポンのインナーバレルを入れる事が出来ません。
もっとも、インナーバレルが短いなら別に付ける事が出来るのですが、STW M4A1インナーバレルが10.5インチのアウターバレルから飛び出してしまっているので、ポン付けは出来ません。

その為、アウターバレルの内径を広げました。
これで通常電動ガン用のエクステンションアウターバレルがトレポン用になりました。

取り付けるとこんな感じ。
10.5インチ+5.5インチで、丁度16インチです。

13インチのハンドガードから突き出ているインナーバレル、いい感じです。
民間ARっぽさが増しました。

そもそも、STWは動作音が煩い(ギアノイズが酷い)ので、サプレッサーの意味あんまり無かったんですよね…。