MADBULL VFC 電動 XCR-L用 フルアジャスタブルストックを買いました | エボログ

MADBULL VFC 電動 XCR-L用 フルアジャスタブルストックを買いました

VFCのXCR-Lに付属する折りたたみストックは、Robinson Armament XCR-Lの初期モデルのタイプで、現行タイプのXCR-Lには伸縮可能な折りたたみストックが付いています。


こちらのフォーラムから画像を拝借

今回購入したMADBULL VFC 電動 XCR-L用 フルアジャスタブルストックは、VFC製電動ガン XCR-Lシリーズのストックを、現行タイプのストックに変更する為のカスタムパーツになります。

こんな感じのストックです。
ど真ん中にデカデカと白文字でFOR AIRSOFT ONLYと書かれています。(位置変えるか、もうちょっと薄い色にしてほしかった…)

尚、「MADE IN TAIWAN」の表記はシールです。
また、内容物にネジは類は付属しませんが、ストックを取り付ける際はXCR-L純正のネジが使えるので問題ありません。

反対側はこんな感じ。

バットプレートはゴム製でそれなりに柔らかい材質で出来ています。
チークピース的な部分は樹脂で出来ています。

ストック下部の根本の所にQDスイベルが付いています。

また、真ん中付近にはボタンが付いています。
このボタンを押しながらストックを動かす事で、ストックを伸縮させる事が出来るのですが、お世辞にも良いと言える操作性ではありません。
少しコツというか、慣れが必要な気がします…。

ストックのポジションは7段階で調整が可能です。
動きが少し渋かったので、私はシリコンスプレーを吹きかけました。

ストックを最大まで伸ばすとこんな感じになります。

XCR-L純正のストックは、下部のボタンを押す事でストックが畳める仕様になっていますが、こちらのストックはストック全体を上に押し上げてロックを解除する仕様になっています。
また、純正ストックは折り畳まれた状態ではロックされず、プラプラと勝手に動いてしまいますが、こちらのストックは折り畳まれた状態でもロックされます。

という訳で、ついこの間M4ストックの変換アダプターを買ったばかりなのですが、早速このストックを取り付けていきます。

意図せず専用ストックが増えてしまいました…。どうしよう…、XCR-L増やすか…?

取り付け自体は簡単です。

  1. テイクダウンする
  2. シリンダーを外す
  3. ストックを固定しているネジ2本を外す。
  4. ストックを交換し、ネジを戻す
  5. シリンダーを戻す

以上です。

という訳で、私のXCR-L Micro UrbanGrayはこんな感じになりました。

反対側。

ストックを折りたたんだ状態。

ストックを伸ばすとこんな感じになります。

ストックはガタツキも無く、しっかり構えた時の安定感があります。
また、長さ調節が出来る事もあり、しっくり来る長さに調節出来るのもかなり良いです。

いやー、本当手に入って良かったです…。
このストック、少し前から探していたのですが、店頭ではまず見かける事が無く、ネットショップもどこもかしこも在庫切れ。

たまにヤフオクに流れているのを見かけた事があるのですが、入札合戦に負け続けていました。
ようやく手に入って良かったです。