IRON Airsoft製 レプリカ MAGPUL MOE+グリップ GBB用を買ってみた | エボログ

IRON Airsoft製 レプリカ MAGPUL MOE+グリップ GBB用を買ってみた

IRON Airsoft製のめちゃくちゃ安い レプリカ MAGPUL MOE+グリップを買ってみました。
こちらはGBB AR-15系用のグリップで、1600円(エチゴヤ秋葉原店での価格)と、非常に安いのが特徴かつ魅力的です。

外観はこんな感じ。
実物同様、グリップ全体にラバーコーティングが施されています。
当然、ゴム臭いです。(実物はこんなに臭くなった気が…)
あと、少々光沢が目立つのと、握った時に粘っこくくっつくような感触があります。

左右の刻印はこんな感じで、MOE+の刻印は割とよくできているのですが、MAGPULの刻印はだいぶ雑。

MAGPUL刻印の方は突っ込まれるのを回避する為に、わざとこうしている可能性もありそうですが…。

前側と後ろ側のチェッカリングはこんな感じ。
割としっかりした凹凸が入っています。

上部と下部(底蓋)はそれぞれこんな感じ。
上から見るとゴム部分と樹脂部分の境界が分かります。

こちらのグリップを先日購入してレビュー記事を書いた『King Arms MDT LSS』に取り付けていくのですが、MAGPUL MOE+グリップに付属してきたネジだと大きさが合わず、余ってたネジを使いました。

グリップを先日レビューしたボルトアクションライフル、King Arms MDT LSSに取り付けるとこんな感じになります。
変な隙間や傾きなどは無く、問題ありませんでした。

ただ1点、これはグリップの問題では無いのですが、このようにトリガーガードの角がグリップよりもはみ出してしまい、グリップの上の方を握り込むと角が指に当って痛いです。
まあ、そんな致命的な問題でも無いのでとりあえずこれはこのままで・・・。

という訳で、こんな感じになりました。
やはり光沢とベタつきが少し気になってしまいますが、これが2000円を切る値段の商品なら全然アリじゃないでしょうか。

実物買うと、1桁変わってきてしまいますからね…。

光沢とベタつきは、暫く使ってみて無くなるのか、悪化するのか気になるので何か変化があったらまた記事にしようと思います。