エンネス PRECISION MAX Bio BB弾(0.20g、0.23g、0.25g、0.28g)のグルーピング検証 | エボログ

エンネス PRECISION MAX Bio BB弾(0.20g、0.23g、0.25g、0.28g)のグルーピング検証

先々月、レビューしたエンネス製バイオBB弾の0.20g〜0.28gですが、レビュー後も暫くゲームで使っていた所「フライヤー問題があった0.25gと0.28gが、小袋から大袋に切り替えた途端にピタッとなくなる」という事が発生。
もしかしたら小袋の問題(個体差?)だったのでは…?と思ったので再度レビューしてみる事にします。

尚、BB弾の概要や質感、重量測定などのいつものレビューはこちらの記事をご参照ください。

フライヤー検証にはもってこいだと思ったので、今回はDEFCON_1さんのシューティングレンジをお借りしました。

検証に使用した銃は東京マルイ製 P90-TRです。
東京マルイの箱出しのどノーマルなら、一番正確なデータが取れるかなと思いましたので…。

カスタムガンなんて信用できませんよ。
自分の弄った銃なら尚更。

検証時の条件として、ゼロイン設定は変えずにBB弾ごとにHOP調節のみ行い、10発連続でセミオートで射撃、これを3セット行います。(30mチャレンジと同じルールです)
明らかに引き方をミスったりして弾がそれてしまった場合はリセット、最初からやり直しです。

射撃時の姿勢は椅子に座った状態で銃を机の上にレストしています。

尚、DEFCON_1さんのシューティングレンジに設置されている電子ターゲットにはグルーピング以外にもエネルギー(ジュール)や弾速を表示する能力も持っています。
ただ、こちらは弾の重量を設定したりする必要があるので、今回の検証ではあくまで相対的に見たジュール数と弾速で比較していこうと思います。
ちなみに、設定は0.25gになっています。

という訳で、まずは0.20gから。
こちらは以前のレビューの段階でも特に問題は起きず、普通にいい感じの弾道を描いていました。

結果はこんな感じ。

1. 158mm
2. 155mm
3. 163mm

まあ、無難なグルーピングでしょう。
全体的にまばらに散らばる軽量弾特有の結果になりました。

着弾時のエネルギーは0.15J、弾速は34m/s〜35m/s程度。
一旦これを基準としましょうか。


続いて、0.23gです。
かなり微妙な重量ですが、案外使い勝手が良い重量で、0.25gほど重い球は使いたくないけど、0.20gよりかは命中精度上げたい…とかですね。
個人的には電動ハンドガンやコンパクト電動ガン等との相性が凄く良い重量の弾だと思っています。

結果はこんな感じ。

  1. 79.7mm
  2. 106mm
  3. 125mm

ちょっと1回目と2回目が下目に着弾しちゃったので、3回目ちょっと上めを狙ったら散っちゃいました…。
とは言え、全体的に0.20gよりもまとまるような結果になり、1回目は余裕の100mm切りという結果に。(ぶっちゃけ奇跡ですけど)

弾のバラけ方もそこまで極端では無く、安定していると思われます。

着弾時のエネルギーは0.20J、弾速は39m/s〜40m/sといった所。
弾速の減衰量は0.20gよりも少なく、パワーを残した状態である事が分かります。


続いて、0.25g。
こちらが当初のレビューの時に「なんかやたらと散るなぁ〜…」なんて思ってた弾の重量ですが、大袋になった途端に変な弾がでなくなりました。

結果はと言うと、いい感じにまとまってました。
念入りに3マガジンほど消費しましたが、フライヤーは出ず、グルーピングも同じくらいにまとまっていました。

  1. 117mm
  2. 117mm
  3. 114mm

少なくとも東京マルイ製の0.25gよりかはまとまっていますので、「PRECISION MAX」名前に恥じない高精度さを持っていると思います。
小袋のアレは一体なんだったんだ…?

着弾時のエネルギーは0.23〜0.24J、弾速は42m/s〜43m/sといった所。
弾速の減衰量は0.23gよりも少しだけ少ないかな?といった所。


最後に0.28g。
こちらも0.25gの時と同様にフライヤーが出ていた弾なのですが、大袋では問題が無くなっていました。

結果はと言うと、こんな感じ。

  1. 103mm
  2. 101mm
  3. 99.4mm

100mm前後で安定しているという、なかなか良い結果になりました。
0.25gの時と同様、念のために3マガジンほど撃ちましたが、特に問題はありませんでした。

着弾時のエネルギは0.27〜0.28J、弾速は46m/s〜47m/s。

0.20〜0.28gまで比較してみましたが、弾の重量が増えるにつれて25m先での弾速が4〜5m/s程度上がっていく感じのようですね。
BB弾のレビューとは関係ありませんが、「重量弾の方が当たると痛い」ってのは、こういう事なのでしょう。


本当、小袋のアレは何だったんだ…と疑問に思うレベルで謎のフライヤー問題でした…。

これだけの精度が出ているのであれば全く問題がないのですが、個体差というかロット差があるような印象もありますね。
まだ弾は残っているので引き続き使ってみて何か変化が出たらまた記事にしようと思っています。

この記事を書いている段階で、0.25gの大袋と0.28gの大袋をそれぞれ使い切ったのですが、変な感じはしませんでした。

宣伝

こちらのPRECISION MAX Bio BB弾は、Amazonでも販売されていますが、実店舗では千葉県にあるガンショップ、DEFCON_1さんの方で取扱があります。
製品についてのお問い合わせやご購入の際は是非、DEFCON_1さんをご利用下さい。


DEFCON_1 店舗情報
住所:千葉県印旛郡酒々井町中央台1-28-5
電話番号:043-309-9114
URL(Twitter):@DEFCON_tactical
営業時間:平日10時〜22時、土日祝日8時〜22時
定休日:月曜