C&C Tac製 Wilcoxタイプ 0.410インチ ライザーマウント ロープロファイルレール セットを購入しました | エボログ

C&C Tac製 Wilcoxタイプ 0.410インチ ライザーマウント ロープロファイルレール セットを購入しました

実は先日レビューした『C&C製 ナイツタイプ T1/T2 マイクロドットサイト用 ハイマウント』よりも先にこちらを買ってたんですが、諸事情によりレビューが遅れました…。

という訳で、C&C Tac製 Wilcoxタイプ 0.410インチ ライザーマウント ロープロファイルレール セットです。

製品名の通り、Wilcox製ライザーマウントのレプリカです。

内容物は長いレールと短いレール、取り付けようのL字?コの字?型のパーツとイモネジです。

長い方のレールはこんな感じで、レールの溝が独特なパターンで掘られています。

側面のロゴはこんな感じで、かなり綺麗です。
Wilcoxの刻印もしっかり入っています。

やっぱりC&C製品はクオリティ高いですねぇ…。

短い方のレールはこんな感じ。
長い方のレールがドットサイト、マグニファイア、リアサイトなどの後ろ側に取り付ける物を嵩上げするのに使うのに対し、こちらの短い方のレールはフロントサイトを嵩上げするための物のようです。

このようにハンドガードの上とかに取り付けます。

長い方のレールの取り付けは少々面倒で、AR系のアッパーレシーバーに取り付ける場合はチャージングハンドルを外す必要があります。

チャージングハンドルを外した状態で、後ろ側からスライドさせて入れ、適当な位置でL字だかコの字型のパーツを差し込みます。

しっかり差し込んだら2本のイモネジで固定します。

このL字だかコの字型のパーツを差し込まずにイモネジのみで固定しようとした場合、イモネジがレシーバーのトップレイルに当たり、レイルが傷つきます。
更にライザーマウント本体もしっかり固定出来ず、ガタつきやすくなるなど、良いこと無しです。

ちなみに、Evolution Gearも同じタイプのライザーマウントを作っているのですが、こちらにはこのL字だかコの字型のパーツが付属しないらしいですね…。
入れ忘れとかではなく、メーカー側で作ってないらしいです…。何故…。

という訳で、取り付けるとこのような感じになりました。

とりあえず、分かりやすいようにAR15系の銃に取り付けてみましたが、私はこのライザーマウントをVFC SIG MCXで使うために買いました。
というのも、SIG MCXはストックの形状的に少しドットサイトを高めにした方が使い勝手が良いなと私は思っている為です。

実際、ゲームで何度か使ってみて「サイトの位置ちょっと低いなぁ…」と思ってたんですよね…。

という訳で、このライザーにドットサイトであるSIG ROMEO4Bと、マグニファイアであるJULIET4を取り付けてみます…と行こうと思ったのですが、ROMEO 4Bは取り付けられるものの位置がイマイチよくない…。
ROMEO 4Bはマウントの形状が特殊なので、少し飛び出してしまい、美しくないです。

JULIET4に関してはマウントベースがM1913 ピカティニーレール規格なので物理的に付きませんでした…。

という訳で、加工します。
ライザーに溝を追加しました。

これがレビューが遅れた最大の理由です。

というのも、この加工だけで1週間以上掛かりました…。
平日、朝起きて会社に行くまでの数分間で少しずつ削っていったので…。

苦労の末、いい感じにROMEO4とJULIET4が乗せれるようになりました。

ちなみに以前レビューしたC&C製 ナイツタイプ T1/T2 マイクロドットサイト用 ハイマウントに比べると少し高さは低いです。

このWilcoxタイプライザーマウントでもサイトが覗きにくいという問題は改善出来ているので、良しとします。

こうやってマグニファイアを倒した状態の見栄えも良いですねぇ。

ちなみに、削った箇所は塗装せず地肌むき出しです。
めんどくさくなったので、気が向いた時にやろうかなと…。(多分ずっとやらないと思いますけど)