HUSAR製プレートキャリアに取り付けるバックパネル、HUSAR Medic Back Panelのレビュー | エボログ

HUSAR製プレートキャリアに取り付けるバックパネル、HUSAR Medic Back Panelのレビュー

以前レビュー記事を書いたHUSAR NOBLE 3.0 PlateCareerなどのHUSAR製プレートキャリアに取り付けるバックパネル『HUSAR Medic Back Panel』を、MilitaryShop TORAYAMA様よりお借りしたのでレビューしていきます。

パネルの上下左右にベルクロが付いており、これを使ってプレートキャリに取り付ける、バックパネルになります。

HUSAR NOBLE 3.0 PlateCareer付属の背面パネル(写真右)との比較。
大きな違いとしては厚み、表面のMOLLEウェビングがナイロンからハイパロンに変わっている、MOLLEの左右にエラスティックバンドのループが付いているという点でしょうか。

厚みの比較はこんな感じ。
写真左がHUSAR NOBLE 3.0 PlateCareer付属の背面パネル、右がHUSAR Medic Back Panelです。

HUSAR Medic Back Panelの中にはこのようなポーチが入っており、こちらがメディカルバッグになっています。
これが分厚い理由ですね。

メディカルバッグはこのように完全に開く事が出来き、中にはメッシュ状のポーチにエラスティックバンドと色々と分別して収納する事ができるようになっています。
また、数箇所にドレインホール(水抜き穴)が付いており、万が一浸水してしまっても自然と水が流れ出るような設計になっています。

各種メディカルキットを入れるとこんな感じになります。
止血帯やガーゼなど様々な用品を入れる事が出来ます。

このバックパネルをHUSAR NOBLE 3.0 PlateCareerに取り付けるとこのようになります。

もちろん、ハイドレーションも健在
HUSAR NOBLE 3.0 PlateCareer付属のパネルと同サイズのハイドレーションを入れる事が出来ます。

HUSAR NOBLE 3.0 PlateCareerの記事で詳しく紹介していますが、このチェストリグは各パーツがユニット化されている事によって、このような部分的なパーツ変更がとても容易な作りになっているのが特徴です。
プレキャリ本体でもかなりの機能性なのですが、このようなオプションを取り付ける事で更に機能性が向上するのがまた面白いですね。