S2S SOCOM MK23を分解していきます【ジェネリックSOCOM】 | エボログ

S2S SOCOM MK23を分解していきます【ジェネリックSOCOM】

2019年4月29日

東京マルイ SOCOM MK23コピーであるS2S SOCOM MK23を分解していきます。
基本的には東京マルイ SOCOM MK23の分解と同じなんですがね…。

という訳で、最初にバレル周りをバラしていきます。
まず、アウターバレルに刺さっているピンを抜きます。
このピンは抜く方向が決まっているので、左側の写真の方向にピンポンチを使って押し出します。

続いて、アウターバレルを引っこ抜くのですが、これがかなり渋くて…というか圧入されてて簡単には抜けないのでマイナスドライバーを突っ込んで、てこの原理でグイグイ力をかけて少しずつ抜いていく必要がありました。

後はチャンバー上部のカバーを外し、ネジを2本外すとチャンバーが真っ二つになります。
尚、ネジはタップネジになっているので、分解・組み立てを何度も行う場合は舐めないように注意が必要です。

インナーバレルはアルミ製で長さは133mm。
チャンバーパッキンやHOPアーム、HOPダイアルの仕様なども東京マルイ製 SOCOM Mk23と同じですね。

次にスライドに付いているローディングノズルを外します。
写真左、指で押さえてる部分を押し上げる事で簡単に外す事が出来ます。

こんな感じのパーツになっています。
ここは特に弄る必要も無いと思います…。

続いて、グリップ側を分解していきます。
まず、シャーシを固定しているネジを外し、セーフティレバー近くにあるピンを外します。
ネジはタップネジ、ピンは抜く方向が決まっているのでそれぞれ要注意。

これでトリガーとハンマーが納められているユニット(シャーシ?)を抜くことが出来るようになります。

シャーシはこんな感じ。
まあ、これも見た感じマルイのSOCOM Mk23と同じ感じですね…。

このシャーシは2本のタップネジで固定されているので、これを外すと真っ二つに出来ます。
それにしてもSOCOMってタップネジ多過ぎでしょ…。

ハンマー周りはこんな感じ。
ぱっと見複雑な構造にも感じますが、実際に動かしてみるとシンプルな機構である事が分かります。

ちなみに、このトリガーバー的なパーツですが、すりあわせ調整の為だと思うのですが、ちょっと削られていました。
それもネジ頭ごと…。

見たとき「ええっ…」ってなりました。

トリガーバーのネジを外します。

トリガー周りのパーツはこんな感じ。

もう片側のトリガーバーとハンマー、シアー、バルブノッカーなどを外すとこんな感じになります。

という訳で、これでS2S SOCOM MK23の分解は完了です。
かなり少ない工具で分解出来るのは非常にありがたいですね。

さて、これを色々と弄っていきますよ〜…。
ただ、SOCOMカービンキット待ちだったりするので、現状はあんまりモチベーション上がらないんですが…。