SALOMON(サロモン) トレイルランニングシューズ XA PRO 3Dを購入 | エボログ

SALOMON(サロモン) トレイルランニングシューズ XA PRO 3Dを購入

2019年6月10日

ちょうど1年前に『サロモン トレッキング・ハイキングシューズ X ULTRA 2 GTX』を購入し、今までずっと使ってきたのですがボロボロになってきたので、また新たに靴を買うことにしました。

今回買ってきたのは同社製のランニングシューズ、XA PRO 3Dです。
カラーは『Black/Magnet/Quiet Shade』です。

外観はこんな感じ。
サロモンらしい装飾が散りばめられています。

左右はこんな感じです。

ソールはこんな感じ。
ランニングシューズとは言っても、かなり食いつきのよいソールです。
実際にこれで山道とか砂利道とか歩いてみましたが、特に問題はありませんでした。

後ろ側はこんな感じ。
かかとの部分についている取っ手が結構大きく、靴を履くときの使い勝手が良いです。

靴紐はQUICKLACE(クイックレース)が標準搭載。
ワンタッチで靴紐を緩める事ができる、非常に優秀な機能を持つ靴紐です。

クイックレースの使い方はまず、限界まで緩めた状態で靴を履き、ツマミを引っ張って紐を絞めます。

あとは余っている紐をくるくる巻いて、ポケットに入れるだけです。

慣れれば片手でも操作できる楽さになれると普通の靴紐には戻れないです…。

また、一度絞めたら紐が解けたり緩む心配が無いのもこの靴紐も良いところだと思います。

インソールは例のごとくOrtholite(オーソライト)です。
このインソールは低反発な材質で足の負荷を軽減してくれるのに加え、通気性も高いので蒸れにくいというメリットがあります。
また、つま先付近はスポンジみたいな材質、土踏まずからかかとの方にかけては少し固めのラバーのような素材という二重構造になっています。

靴の内側は真っ青。

この靴を履いた感想ですが、今まで履いてきたサロモン製品よりも左右の圧迫感が強いように感じられました。

靴のサイズ自体は同じなのですが、明らかに左右(特に土踏まずあたり)の圧迫感が強く、仮に靴紐を緩めた状態でも圧迫感がありました。

最初は履いてるうちに慣れるかな〜と思ったのですが、かれこれ1ヶ月近く履いてるのに依然として慣れる気配は無いですね。

まあ、足が痛くなるほどのキツイ圧迫感では無いのですが…。
内側の寸法変わったんでしょうか…。

それ以外はなんの問題もなく、長時間歩いていても疲れる事はありませんし、通気性の高さ故に蒸れる事もかなり少ないです。
この辺りに関しては今まで履いてきた『X ULTRA 2 GTX』と同じですね。

これからますます暑くなっていくはずなので、こういう靴が役に立ちます。