スマートフォンを使ってスコープの視界を撮影する為のマウントを買ってみた | エボログ

スマートフォンを使ってスコープの視界を撮影する為のマウントを買ってみた

2019年6月21日

正確な製品名は不明なんですが『Rifle scope Smartphone Mounting System』と書かれてる製品を買ってみました。
簡単に言うと、スマートフォンでスコープの視界を撮影する事が出来るようにする製品になります。

付属の取扱説明書は英語表記ですが、写真も付いているので分かりやすいです。
まあ、説明書無くても扱える程度には単純な製品ですがね…。

カメラマウント本体はこのようなパーツ構成になっています。

まずスマートフォンを固定する為の部分がこちら。
色々なサイズのスマートフォンに対応出来るように可動域はかなり広いです。

限界まで広げると100mmもの広さがあるので、ファブレットと呼ばれるスマートフォンとタブレットの間位のサイズの端末でも掴めそうです。
尚、最小は58mmなので、大抵のスマートフォンで使えますね。

可動域は広くて良いのですが、背面のネジ1本の締め込みのみで位置を決める事になるので、微調整はかなりやり辛いのが玉に瑕。

スコープに取り付ける側はこんな感じ。
樹脂のネジをスコープの接眼レンズ側に取り付ける事が出来ます。

ネジは3方向に配置されており、合計9本設置する事が出来ますが、実際は各2本ずつの6本で大丈夫のようです。

写真左側、赤矢印のネジを緩める事で筒を伸縮させる事が出来ます。
この機能を使ってケラレが出ないように、アイリリーフを合わせるようです。

組み合わせるとこんな感じになります。

という訳で、このスマホマウントを使っていきます。
まず、スマートフォンを取り付けてカメラの位置を合わせます。

続いて、スコープに筒を被せてネジを締め込みます。
樹脂ネジなので多少強めに締め込んでも傷つく事はありません。

尚、対応するスコープは外形が37mm〜45.5mmになります。
接眼レンズ側に電池ボックスが備わっている製品でも、電池ボックスを逃がす為の溝がちゃんと用意されているので、安心して使う事が出来ます。

この状態でスマートフォンを取り付けます。
この時にアイリリーフを合わせ、アイボックスもズレていたので樹脂ネジを緩めたり締め込んだりして微調整を行います。

これが中々面倒くさい作業でした…。
ケラレがなくなっても視界というか、写っている部分を真ん中に持ってくるのも面倒でね…。

スコープはDEON March Compact 1-4x24mmです。

調整した結果、このような感じで写す事が出来ました。

このままだとだいぶ小さいので、カメラの方で倍率を上げてサイズを調節します。

尚、私が使っているスマートフォンはiPhone XSなのですが、カメラが複数個存在する機種の場合、何らかの条件によって使用されるカメラが切り替わる事があります。
その為、倍率を調整している最中にいきなり画面が真っ暗になる事がありました。

複数個カメラが搭載されているスマートフォンだとどのカメラに合わせるか悩みますね…。
カメラが1つだけのスマートフォンだと気にする必要は無いんですが…。

動画でも撮ってみました。
ちゃんと三脚とかを使えばより安定した録画が出来そうです。

ちなみに、本来はスコープ用ですがギリギリPVS14に取り付ける事も出来ました。
視度調節ノブを締め付けているのであまりよろしくない状態なんですがね…。

という訳で、このスマートフォンアダプターを使えばBB弾の弾道をしっかり録画する事が出来そうなので、買ってみたんですよ。

今度、的当てする時にでも使ってみようと思います。