Vortex Razor AMG UH-1のネジが錆びたので、サビを落としました | エボログ

Vortex Razor AMG UH-1のネジが錆びたので、サビを落としました

2019年8月14日

銃に取り付けたまま長らく放置されていたVortex Razor AMG UH-1ですが、気がついたら後ろ側(ボタン側)のネジが4本全部錆びてました。

まあ、梅雨シーズンなのに窓際に放置してましたからね…。仕方がない。

という訳で、このネジのサビを落として、錆びないようにしようと思います。
まず、ネジを外そうとおもったのですが、4本中3本しか外れませんでした。

ちなみにUH1のこのネジは1/20インチの六角レンチで外す事が出来ました。

とりあえず外せた3本のネジは錆止めにドブ漬け、外せなかった奴は表面に錆止めを塗布する形で作業をる事に。

使用する錆落とし、錆止めは花咲かGです。

これは以前レビューしましたが、かなり強力な錆落としで、錆を落とした後に錆止めの塗膜も作ってくれるので何かと便利な製品です。
ただし、素材が灰色っぽく変色してしまうので、使う際には注意が必要です。

こんな感じで3本はドブ漬け、1本は筆を使って塗りました。

この状態で数分〜数十分放置。
これだけでサビが落ち、錆止めが施されます。

という訳で、ネジのサビは復活しました。
先述の通りネジ頭が灰色になってしまいましたが、UH-1はボタンが既に灰色なので、違和感は無い気がします。

花咲かGを使う前と使った後の比較です。