レンズのクリーニング用ツール、レンズペンを買ってみた | エボログ

レンズのクリーニング用ツール、レンズペンを買ってみた

2019年9月9日

実は今まで持ってなかったんですよね…レンズペン…。
という訳で、HAKUBA レンズペンを買ってみました。

販売元はHAKUBA(ハクバ)ですが、本体はLENSPEN社のOEM品のようです。
内容物はレンズペン本体と予備のチップです。

予備のチップは小さなケースの中に収まっています。

レンズペン本体はこんな感じで、製品名の通りペンのような形をしています。
先日レビュー記事を書いたTrijicon ACOG TA110に付属するレンズペンと同じタイプの製品ですね。

側面にはHAKUBAとLENSPENのロゴが入っています。

また、側面のレバーをスライドさせるとブラシが出てきます。
これでレンズに付着したホコリなどのゴミを取り除きます。

ファンデーションブラシのようなサラサラとした肌触りです。

反対側にはレンズクリーニング用のチップが付いています。
こちらはしっかりした形状をしていますが程よい柔らかさがあり、サラサラ肌触りです。
レンズ表面を傷つける事なく汚れを取り除く事が出来るようになっています。

また、中央が窪んでいる為球面レンズを拭くのに使用する事が出来ます。

基本的にはまず、ブラシでゴミを取り除いてからレンズ表面を拭く感じになると思います。
ゴミを取り除く前に吹いてしまうと、ゴミでレンズを傷つけてしまう可能性があります。

もしブラシで除去出来ないような大きなゴミがある場合は、ブロアーを使って除去するのが良いでしょう。
エアダスターだと圧力が強いので、吹き飛ばしたゴミでレンズを傷つけてしまう可能性があります。

尚、クリーニングチップは引っ張ると抜けるので、ある程度汚れてきたら交換すると良いでしょう。

実際にこのレンズペンを使ってレンズを拭いてみました。
程よく汚れていた接眼レンズが綺麗になりました。

そんなに高い物でも無いですし、とりあえず1本持っておいた方が良いですね…。
今までメガネ拭きを使ってましたが、断然こちらの方が使い勝手良いですし、綺麗に拭けます。