DCI Guns製 東京マルイ GBB USP用 RMRダットサイトマウントを買ってみた | エボログ

DCI Guns製 東京マルイ GBB USP用 RMRダットサイトマウントを買ってみた

2019年10月1日

『DCI Guns RMR ダットサイトマウント 東京マルイ USP 専用』という商品を買ってみました。

マウントの他にRMRを取り付けるときに使うネジが2本付属します。

こちらは東京マルイのガスブローバックハンドガン USPのリアサイトと置き換える形で取り付ける、Trijicon RMRマウントです。
電動ハンドガンのUSPガスブローバックハンドガンのUSPコンパクト用のマウントは別の商品としてそれぞれ販売されています。

3Dプリントで造られており、ネジ穴には真鍮インサートが埋め込まれています。
マウントの上部には「DCI Guns」、下部には「USP for RMR」と入っています。

真鍮インサートのおかげでねじ山がなめる心配が無いのが良いですね。

また、ドットサイトを取り付ける側に突起が付いていないので、マウントとネジ穴さえ合ってればドットサイトを取り付ける事が出来ます。
RMR互換系のドットサイトはもちろん、寸法がおかしいレプリカRMRでも取り付ける事ができるでしょう。

こちらのマウントをUSPに取り付けます。
チャンバーパッキンを変えてる以外は何も手を加えてません。

USPのスライドを外してスライド内側に付いているネジを2本外し、リアサイトを取り外します。

尚、USPのリアサイトは若干ブリーチと干渉しているので、リアサイトを外すには少しブリーチをズラしてやると良いです。
まあ、横から叩いても外れるんですが…。

後はリアサイトが付いていた部分にDCI GunsのRMRマウントを取り付けて、ネジ止めします。
寸法はしっかり出ており、隙間も無く、バッチリです。

こちらのRMRマウントに、RMRマウント互換であるHOLOSUN HS507Cを取り付けてみます。

ただし、HS507Cを取り付ける場合は付属品のネジでは長すぎてダメでした。
なので、別途適切な長さのネジを探してきて入れました。

純正のネジが全長9.9mmなのに対して、HS507Cに合うネジは7.9mmでした。
これに関しては取り付けるドットサイトによって適切な長さが変わってくると思うので、一度付属品のネジで長さは足りているか?もしくは長すぎないか?を確認した方が良いでしょう。

これでDCI GunsのRMRマウントにHS507Cが乗りました。
サイズ感はピッタリ、変な段差やガタツキなども一切ありません。

後ろから見るとこんな感じ。
ドットサイトよりも僅かにスライドの方が広いんですね。

構えるとこんな感じでドットサイトを覗けます。
うん、いい感じ。

ちなみに、私はUSP用のホルスターとして「UNCLE MIKE’S TACTICAL KYDEX OPEN TOP HOLSTER」というオープントップタイプのカイデックスホルスターを使っているので、ドットサイトを取り付けても今まで通りホルスターが使えます。

ホルスターの形状によってはスライドにドットサイトを取り付けると干渉して使えなくなったりするので、そこは注意が必要です。

ちなみに、東京マルイのUSPは同社製品の中ではかなりスライドの後退速度が速い方で、リコイルも強いです。
もともと元気のよいUSPのスライドにドットサイトの重量が加わるんですから当然リコイルも大きくなります。

自分としてはリコイルが強い方が撃ってて面白いので、全然良いんですが、リコイルが軽い方が良い人は注意が必要かもしれません。(そもそもそんな人はUSP選ばないと思いますけど…)