ライフル用シングルマグポーチ、タスマニアンタイガー SGL Mag Pouch MCL LPを買ってみた | エボログ

ライフル用シングルマグポーチ、タスマニアンタイガー SGL Mag Pouch MCL LPを買ってみた

2019年10月25日

タスマニアンタイガー製のライフル用シングルマグポーチ、『TT SGL MAG POUCH MCL LP』を買ってみました。
今回購入したのはマルチカム柄の製品になります。

タスマニアンタイガーのマグポーチは何度かマイナーチェンジが施されているのですが、恐らくこれが2019年現在における最新バージョンになると思います。
旧型のレビューはこちら

マガジンポーチの形状としてはオープントップタイプで、エラスティックバンドによるテンション保持です。
前面にはレーザーカットされたモールウェビングが付いており、ピストルマガジンポーチなどを取り付ける事が可能になっています。

ハイスピードギアのTACOポーチのような形状だった従来型とは結構見た目が変わっています。

裏側はこんな感じで、モールウェビングに取り付ける造りになっています。
尚、こちらもレーザーカットですが、一番下の段のみナイロンが追加されています。

モールにはハイパロンが使われています。

尚、モールウェビングへのマガジンポーチの固定方法はこのモールの先端をマガジンポーチ内側に折り返して固定するタイプです。
まあ、従来型とそこは変わらないですね。

マガジン挿入口はこんな感じ。
内側には網目状にラバーが張り巡らされており、マガジンの脱落を抑制しています。

相変わらずタグがデカイですね…このタグ、マガジン差し込む時に引っ掛かったりしてすごく邪魔なんですよ…。

なので、切断しました。
タスマニアンタイガー製のマガジンポーチでは絶対にやる作業な気がします。

マガジンポーチ側面はベルクロになっており、カバー?みたいな物が付いています。

イマイチこれの意図がよくわからないんですが、必要以上にマガジンポーチが広がらないようにするため…?何かと連結させる為…?でしょうか…。

という訳で、前々から使っていたタスマニアンタイガーの旧型SGLと合体させてみました。
左右に付いているのが旧SGL、真ん中のが今回紹介している新SGLです。

プレキャリにつけてみました。
色々なメーカーの製品がごちゃまぜになってる私のプレキャリですが、マガジンポーチは全部タスマニアンタイガーになってます。

肝心の使い勝手ですが、マガジンの抜きやすさは旧SGLと同等ですが、マガジンの居れやすさは旧SGLよりも良いです。
また、旧SGLでは結構バンジーコードを締めないと少し不安があるテンションだったのですが、新SGLではそのような事はありませんでした。

ただ、新SGLはエラスティックバンドのテンションが強いせいかAK(7.62mm用)のような大きく湾曲しているマガジンの抜き差しは少しやり辛さを感じました。

もっとも、私は普段M4系のマガジンをメインで使うので、問題では無いんですが…。