1プッシュで6発装填可能なLayLax ハイバレット BBローダーを買ってみた | エボログ

1プッシュで6発装填可能なLayLax ハイバレット BBローダーを買ってみた

2020年3月16日

一体BBローダー何個目なんでしょうね…。
マルイ純正なんて大小合わせたら10個は持ってますよ…。(つまり、買った数はそれ以上)

という訳で、Laylaxから新登場したBBローダー、『ハイバレット BBローダー』を買ってみました。
色はクリアとスモークの2色があったのですが、クリアを選択。
手持ちの他のBBローダーが全部スモークなので、気分転換にクリアにしました。

という訳で、こんな感じのBBローダーです。
スペック的には約140発装の6mmBB弾を充填可能で、1プッシュで6発のBB弾をマガジンに装填する事が可能です。

大きさは東京マルイのBBローダー(小)とほぼ同じ高さで幅が広く、BBローダー(大)よりも小さいといった感じ。

6発給弾出来る事のメリットとしてはまず装填までの時間短縮です。
参考までに、東京マルイ製のBBローダーは4発、KSC製は5発です。

また、リアカンなどで30発だけ装填したい時は5回プッシュでリアカンの装弾数になります。
まあ、リアカンでの用途ならKSC製の方が10連や20連にも対応しているので都合が良かったりするんですが…。

ハイバレット BBローダーの細部を見ていきます

給弾口はこんな感じ。
BB弾がこぼれないようにOリングが付いています。

東京マルイ製のガスガン系で使用可能なアダプターが側面に収納されています。
東京マルイ BBローダーXLと同じような収納方式です。

ローダーの前後には滑り止めの溝が入っています。

ローダーの側面には幅63.4mm、高さ13.1mm程度の窪みがあり、ここにシールを貼るといい感じかな?と思いました。

まあ、その為の窪みなのかはよく分かりませんが、使用するBB弾ごとにBBローダーも変えたい私からするとありがたい構造。

給弾レバーはこのように折りたたまれて収納されています。
展開した場合、横方向に展開するというかなり独特な構造をしています。

尚、この給弾レバーは左右どちら側にでも展開する事が出来ます。
利き手を選ばない構造となっています。

尚、給弾させる時はこんな感じで押し下げます。

手の大きな人は、こういう風に握った方が使いやすいかもしれないですね。

弾はローダー上部の蓋をスライドさせて開けて、そこから流し込みます。

弾を入れるとこんな感じ。

弾は赤矢印のルートに沿って流れ込んでくるようです。

ここで少し注意が必要です。
写真左側のように、蓋ギリギリまで弾を詰めてしまうと給弾レバーが動かせなくなります。
これは、BB弾が中で詰まるのを防ぐための装置と思われる、羽を動かす為のスペースが無くなってしま為だと思われます。

羽は給弾ロッドと連動して上下に動き、BB弾を混ぜてくれるのですが、弾がパンパンだと羽が動かなくなってしまいます。
その為、写真右側のように少し弾数を減らしてやる必要があります。

写真は少し極端にしています。
実際はBB弾1〜2列分位の隙間があれば良いです。

構造上そんなに耐久性があるとも思えないので、動かないレバーを無理に動かそうとすると給弾レバーを壊してしまう可能性もありそうですね。
もしレバーが硬いな?と思ったら弾を少し減らしてあげた方が良さそうです。

まあ、これは東京マルイのBBローダーでも言える話ですね。
パンパンにBB弾を入れてしまうと給弾ロッドが折れやすくなったり、ローダー自体が破裂してしまう事があります。

ちなみに、給弾レバーが動かせる状態まで満タンに入れて弾数を数えてみた所、25回プッシュする事が出来たので、実際には150発程度の装弾数はある事が分かりました。

弾は給弾ルートの最後の方はこのように並んでいます。
一列に7発並んでおり、6と7の間には逆流防止用のカムが付いています。

給弾レバーを押し下げるとOリングが付いている所に1発残り、6発が吐き出されます。

こういう構造の為、1回プッシュする事で6発給弾する事が出来る訳です。

ただ、BB弾が自重で流れ込んでくるだけなので、勢いよくというか、高速で給弾させると5発になってしまう事が何度かありました。
そこは注意した方が良いでしょうね。
東京マルイのBBローダーでも3発になる事はありますし、それと同じです。

実際にマガジンにBB弾を入れて試してみました。
まず、スタンダード電動ガン用マガジンですが、こちらは特に問題なく給弾する事が出来ました。
むしろ東京マルイのBBローダーと違って途中で噛み込んだように引っかかるような事も無く、ロードする事が出来ました。

ただ、120発のフルロードを行うと流石に最後の方は辛くなってきますが…。

続いて、ガスハンドガン系のマガジンです。
こちらも割とスムーズに給弾する事が出来ましたが、スタンダード電動ガン用マガジンに比べると90度に曲げている分重いですね。
まあ、この辺りは東京マルイ純正ローダーと概ね同じ感じ。

最後に鬼門のMWS用マガジン。
このマガジンによって東京マルイ純正のBBローダーは3回破壊されています。

今まで結構いい感じだったので、ちょっと期待してたんですが、相変わらず凄く硬いです。
1発ずつ「バチッ!」「バチッ!」「バチッ!」と入っていく感じで、なんとか30発ロードする事が出来ました(私のマガジンは30発仕様にしているので30発以上は入らない)

正直MWSのマガジンでこのBBローダーを使うのは怖いですね…。
MWSのマガジンで使うならKSC製のBBローダーの方がまだスムーズに給弾できます。

という訳で、かれこれ300発位弾を入れてみましたが今の所大きなトラブルは無し。
使い勝手に関しては東京マルイ純正ローダーでありがちな引っかかりが無い分、割と入れやすい感じがしました。

ただし、給弾レバーが側面にある利点はあまり感じられず、入れ安く感じる理由はロッドに負荷が掛かりにくい構造になっている為というのが大きいような感じがしました。

ちなみに、押しやすさという点で言うとKSC製のBBローダーの方が良いですね。
そしてこっちの方がサクサク入ります。
ただ、マガジンのスプリングが硬いとしょっちゅう逆流します…。

ハイバレット BBローダーは、コンパクトで大容量というメリットが大きいのかもしれません。
後、もしかしたら手の大きさ的に東京マルイのBBローダーが使いづらく感じてしまう人には向いている製品なのかもしれません。
東京マルイのBBローダーよりも親指の位置が低めですからね。

耐久性とかが気になりますが、これは暫く使ってみないと分からない話ですからね…。
何かあればまた記事にしようと思います。