Airsoft Artisan製 Unity Tactical FAST Optic Riserタイプ ライザーマウントを買ってみた | エボログ

Airsoft Artisan製 Unity Tactical FAST Optic Riserタイプ ライザーマウントを買ってみた

2020年9月23日

Unity Tactical FAST Optic Riserレプリカのライザーマウントを買ってみました。
ノーブランドも含めて色々なメーカーから出ているようですが、今回購入したのはAirsoft Artisan製の物です。

という訳で、このような形のオシャレなライザーマウントです。
材質はアルミ、色はマットな黒色で刻印はありません。

このライザーマウントを取り付ける事で、20mmレールの高さを23mm底上げする事が出来るようです。

下部と上部はこんな感じ。

ライザーマウント固定用のネジはトルクスネジです。

AR15のアッパーレシーバーに取り付けるとこんな感じになります。

ホロサイトを乗せるとこんな感じになります。
本来はEXPS3みたいなスマートな製品を乗せるんだと思いますが、私は持っていないのでとりあえずEoTech 552.A65を乗せました。

が、問題がありまして…。
この写真を見て違和感を感じませんか?

銃が曲がってるとか、写真が斜めってるとかじゃありません。
マウントが曲がってます。

赤線がリアサイトの左右に引いた線で、これは銃に対して真っ直ぐ付いています。
青線がホロサイトのレンズ下部に引いた線です。

どうもレール自体が斜めになっちゃてるみたいです。
ホロサイトみたいな大型で四角い製品を乗せるとハッキリ分かっちゃいますね。

切削なのにこういう個体差ってあるんでしょうかね。
それともこのライザー全体的に曲がってるんでしょうか…。

ちなみに、RARE ARMS AR15の20mmレールはちゃんとピカティニーレールの寸法通りになっていますし、20mmレールに取り付けているリアサイトが曲がっていなかったりレシーバーに直接光学サイトを乗せても曲がらないので、レシーバー側の不良という可能性は低そうです。

これでも狙う事が出来るので、実用性の問題は無いんですが覗いた時の違和感が凄いのでこれは残念ですねぇ…。

あと、流石にEoTech 552だとでかいですねぇ。
EXPS3とかほしいなぁ…。EXPS買うならグリーンが良いですね。

ちなみに今回このライザーマウントを買った理由は「夜戦で使う為」です。

以前、『ヘルメットにマウントしたPVS14越しでもドットサイトが使えるように、マウントベースを調整しました。』という記事でヘッドマウントしたNVGを使ってサイティングを行う場合、ライザーマウントなどでドットサイトの位置を高くしてやると狙いやすいという事を紹介しましたが、今回もそれが理由です。

というか、私がライザーマウントを買う理由は基本的に毎回ナイトビジョンの為ですね。
普段使いならAbsoluteが丁度良く、高くてもLower 1/3 Cowitness位が限界かなと思っているので、高いマウントって元々あまり好きじゃないんですよね…。

最近はハイマウント系が流行ってるみたいですけど。