ELEGOO MARS用 CNC回転CDパターン 滑り止めプラットフォームを買ってみた | エボログ

ELEGOO MARS用 CNC回転CDパターン 滑り止めプラットフォームを買ってみた

2021年4月1日

去年の9月から使い始めて半年ほど経過したELEGOO MARSですが、最近造形物の落下や造形ミス(途中で歪んだり、途中から落下したり)が増えてきた感じがしたのでちょっとプラットフォームを変えてみる事にしました。

今回購入したのはMARS Proに付属する改良型プラットフォームと同じ、造形面に細かな凹凸が付いているタイプです。
ちなみに、現在販売されているMARS 2には更に改良されたブラスト処理されてざらついているプラットフォームが付属するようです。

付属品はプラットフォーム本体と六角レンチ。

プラットフォームの造形面には保護フィルムが貼られているのでこれを剥がします。
そうすると、円状に綺麗に切削された面が出てきます。

とは言え、若干ベタついていたので、一旦洗剤で表面を洗って綺麗にしました。

造形面以外はMARS付属のプラットフォームと同じですね。

という訳で、まずはキャリブレーションというかデフォルト位置の調整から。
MARSは半自動でやってくれるので楽ですね。

とりあえず、造形ミスが度々起こる物を印刷してみましたが、一発で成功
これ、1、2個位よく落下するんですよね…。

ちなみに、造形面の切削跡が造形物に残ってしまいますが、ほんの僅かな凹凸なので、光を反射させて気づくレベルです。
万が一気になる場合は目の細かい紙やすりで慣らしてあげれば気にならなくなるはずです。

とりあえず、色々と出力してますが、格段に今までよりも安定して出力出来るようになった感じがします。

とりあえず、初期型MARSを使っている人で造形ミス(主に造形物の落下)に悩まされている場合はこのプラットフォームに交換してみると良いと思います。
値段も手頃ですからね。