東京マルイ M&P 9L PCポーテッドにGRACE OPTICS M1 ミニリフレックス ドットサイトを取り付けました | エボログ

東京マルイ M&P 9L PCポーテッドにGRACE OPTICS M1 ミニリフレックス ドットサイトを取り付けました

2021年5月14日

先日レビュー記事を書いたGRACE OPTICS M1 ミニリフレックス ドットサイトですが、「何に付けようか」と買ってからずーっと悩んでました。

購入前から懸念はしてましたが、SIG ROMEO1マウント互換というのが厄介で、汎用性の高いDocter系マウントと固定ネジの横位置は合ってるんですが前後位置が合ってなかったり、ズレ止め用の突起の位置が違ってたりとなにかと特殊な規格なんですよね…。

色々位置が違っていて何かと困る規格

で、GRACE OPTICS M1はオフィシャルの画像を見る限り、SIG SAUER P320に載せる為に作られてる感じなので、VFC(SIG AIR)のP320を買ってきてそこに載せるのがベストかな〜と思ってたんですが、調べた感じVFC P320ってSIG ROMEO1マウントが無さそうなんですよね…。
RMRマウントはあるのに…。

もしROMEO1マウントの存在があるなら教えて下さい…そしたらP320を買います…。

という訳で、手持ちの銃を眺めながらどうするかな〜と考えていた所、東京マルイ M&P 9L PCポーテッドに載せるのが一番しっくり来るかな?と思ったので、M&P 9L PCポーテッド用のスペーサーを作ってみました。
細かい所採寸するのめんどくさかったので、めちゃくちゃ雑な構造になってます。

おかげで設計〜出力まで約10分。こういう試作をしたくなった時にさっくり作れるのが3Dプリントの強みですねぇ。

雑な設計にした理由としては、スライド側の真ん中の出っ張りを採寸するのがめんどくさかったんですよ…。
なので、ざっくり真ん中をくり抜きました。

取り付けるとこんな感じ。
限界までドットサイトの位置を低くしたかったので、スペーサーの高さはM&Pから飛び出してるネジ穴の高さに合わせています。

ここにGRACE M1を取り付けます。
ネジは別途M3の皿ネジを用意しました(意外とドンピシャだった)

こんな感じになりました。
意外といい感じかも。

前側は大きな隙間が無いのでいい感じですが、後ろ側(リアサイト側)の隙間が気になるので、そのうちここをちゃんと埋めたバージョンを作ってみても良いかも知れませんが、まずはこの構成で使ってみて使い勝手の検証ですね…。

サイトピクチャーはこんな感じ。
ドットの高さ高すぎず、低すぎずな感じでいい感じだと思います。

ちなみに、本当にギリギリですが、アイアンサイトを使う事も出来ます。
まあ、実用レベルかと言われると微妙なラインですが、これ以上ドットサイトの位置を低くする事も出来ないのでどうにもならないですね…。

という訳で、私のM&P 9L PCポーテッドはこんな感じになりました。
ドットサイトとライト付けただけのどノーマル状態なんですがね…。

ちなみに、こういう感じのスペーサーはDCI Gunsから出ているので、同じような感じで使いたい場合はこちらをオススメします。