QDスイベルソケットを固定のスリングスイベルにするアダプター、MAGPUL QD Paraclip Adapterを買ってみた | エボログ

QDスイベルソケットを固定のスリングスイベルにするアダプター、MAGPUL QD Paraclip Adapterを買ってみた

2021年6月7日

ちょうど1年くらい前にSIG AIR MCXのロアレシーバーのQDスイベルソケットを使えるように加工したんですが、ここにQDスリングスイベルが付くと、いろんな所にカチャカチャ当たって鬱陶しいと感じたんですよね。

スリングが手首にぶつかったり、ストックの基部にぶつかったりといろいろありました。

そこで、このQDスイベルソケットを固定のスリングスイベルにするアダプター、MAGPUL QD Paraclip Adapterを買ってみる事にしました。
パッケージの内側が説明書になっていて、MAGPULのシールが入ってるいつもの感じ。

こういう感じの製品で、パット見単なるQDスリングスイベルみたいな見た目をしています。

ただ、QDスイベルソケットに差し込む部分を見てみると、このように2分割されてネジで固定されている事が分かります。
また、ネジにはMAGPUL製品おなじみの黄色いネジロック剤が塗布されています。

イメージとしては、AR15系のレシーバーのガタツキを抑えたり、抜け防止にもなるピポッドピン、マジックピンみたいな感じの製品です。

RA-TECHのマジックピン

という訳で、このQD Paraclip AdapterをSIG AIR MCXのQDスイベルソケットに差し込み、ネジを締め込んで固定します。
尚、スリングスイベルは少し斜め下を向くように固定しました。

ここにBlue Force Gear Uloop 1.25インチを取り付け、スリングと連結させます。
これでストック基部周辺のごちゃごちゃ感が少しマシになりました。

QDスイベルソケットの付近にQDスリングスイベルがあるのが邪魔な時や、ただ単に普通のスリングを付けたい時に便利なパーツだと思います。

割とニッチな需要だと思いますが…。