FCC製 SYSTEMA PTW(トレポン) HOPチャンバー用 バレルキーを購入 | エボログ

FCC製 SYSTEMA PTW(トレポン) HOPチャンバー用 バレルキーを購入

前から気になっていたFCC製 SYSTEMA PTW用 バレルキーを、FCC P-MAG GEN3ORGA FLAT HOP アジャスターと一緒に買ってみました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

トレポンの分解って結構面倒くさい箇所が多いんですよね・・・。

チャンバー周りもその1つで、トレポンはインナーバレルとチャンバー部分を”バレルキー”と呼ばれるパーツで固定しています。
バレルのカタツキを防止する為のパーツなのでかなりタイトに作られており、一度はめ込むとそう簡単には抜けません。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

チャレンジキットに付属する説明書には「ゴムハンマーでチャンバーを叩けば抜けてくる」と書かれているのですが、成功した試しが無いです・・・。
多くのトレポンユーザーはこのバレルキーの穴にタップでねじ切りをし、ネジを挿してラジペンでネジを掴んでバレルキーを抜くという事をやっているのでは無いでしょうか・・・。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

若しくは、先端が細いラジペンで穴を掴んで抜くとか?

ただ、どちらの方法もバレルキーを外す度に少しずつバレルキーが消耗してきます。
SYSTEMA純正のバレルキー自体はアルミ素材なので、ペンチで掴んだりすると直ぐに傷がついたり変形してしまいます。

という訳で、今回買ったFCCのバレルキーを見ていきましょう。
このバレルキーの最大の特徴は中央にイモネジが付いているという点です。

このイモネジを閉めるとバレルキーからイモネジが出てきてバレルキー自体を押し上げてくれます。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

この発想は素晴らしいですね。

寸法もSYSTEMA純正と大差なく、純正チャンバー+ORGA TPW用 Magnus HD バレル 6.10mmの環境で問題なく取り付けが出来ました。
もちろん、カタツキは一切なくピッタリ入ります。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

抜く時は先述の通り、イモネジを締めていけば抜けます。

これでトレポンのチャンバー周りの分解が割と楽になりました。
私のトレポンのチャンバーやバレル周りはまだまだ色々な設定を検証していく必要がありそうなので、分解は楽な方が良いですからね。

これからもちょっとずつトレポンを改良していこうと思います。(サバゲーには滅多に投入されないけど・・・)