VFC HK417 ロングレンジカスタム(16インチになりました) | エボログ

VFC HK417 ロングレンジカスタム(16インチになりました)

先日、分解し終わったVFC電動 HK417を弄っていきます。

今回のカスタム内容はざっくりうとロングレンジカスタムです。

目標値としては50mマンターゲットが有効射程、60mが最大射程という具合で想定していますが、内部的には今までの私のチューン(錘マシマシチューン)とそんなに大きな違いは無いので結局40m必中50mのマンターゲットに当たる程度の物になるような気もしてます・・・。
ただ、いくつか新しい試みもあるのでそれが飛距離と命中精度にどういう影響をするのかが気になる所です。

錘マシマシレシピ

  • マルイ錘や鉛テープ、ステンレスピストンヘッド等を組み込んだ重量ピストン
  • M4サイズ相当の加速シリンダー
  • 東京マルイ純正ピストンスプリング
  • 2点長掛け押しゴムと、東京マルイ純正HOPパッキンを加工したスリックパッキン

という訳で、カスタム内容を紹介します。

とりあえずメカボックスから弄っていくので、メカボックスで使うパーツを紹介。

まずピストンは適当に余ってた錘マシマシ状態のピストンです。
MS製のヘビーウェイトピストンヘッドに、マルイ次世代錘+鉛テープという重量級ピストンになっています。
IMG_3599_1

ギアは今回レスポンスを重視させる為に適当に余ってた16:1のSHS製ギアセットを使う事にしました。
電子制御の銃では基本的に18:1を使う私ですが、物理スイッチの銃は16:1を使う事が多いです。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

13:1だとサイクル早すぎるので16:1が丁度いい・・・。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

タペットプレートは、丁度新品の物が余っていたので、純正からWLL TECH製に交換しました。
純正は半透明のポリカタペプレなのですが、ポリカのタペプレは経験上あんまり良いイメージが無い・・・。
IMG_3785_1

電装系は基本的に純正を使います。
ケーブルのみ銀ケーブルに交換しており、スイッチも割と摩耗していたので表面を研磨して綺麗にしました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

という訳で、こんな感じでメカボックスを組み立てていきます。
ちなみに、紹介されていないシリンダーは余ってたメーカー不明の加速シリンダー(M4サイズより少し加速穴が後ろにある物)で、シリンダーヘッドは東京マルイ製 Ver2(AOE調整の為にゴム板を貼ってます)、ピストンスプリングも東京マルイ純正です。
IMG_3787_1

続いてモーターです。
モーターは余り物のBigDragon M140です。
いつも通り自作SBDを付けてます。
IMG_3783_1

そういや、最近電子制御銃とガスガンばかり弄ってたから、自分用にSBD作るのも久しぶりな気がする・・・。
IMG_3600_1

ちなみに、モーターにSBDを取り付けた為にグリップ底部の加工が必要になりました。
少し削らないとSBDの配線が潰されてしまいそうでした。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

最後にバレル~チャンバーの調整です。
普段どんな電動ガンでも長さ200m前後、内径6.04~6.08mmのバレルを使うのですが、今回は長さ430mm、長さ6.03mmのバレルを使ってみる事にします。
ちなみに、このバレルはWE製で秋葉原のマイトリーにて買って来ました。(2000円と安かった)
IMG_3789_1

ぶっちゃけバレルなんて曲がって無ければ何でも良いんですよ・・・。
6.01mmとか6.00mmみたいな超タイトバレルだと弾との相性がかなり出ますが、それ以外のバレルだと基本何でも良い気がする。

ちなみに、TNバレルは硬すぎて、アルミバレルは柔らかすぎて加工し辛いので個人的に好きじゃないです。
やっぱり真鍮バレルが丁度いい・・・。

とりあえず、押しゴムはライラクスの2点長掛け(今回は黒色:硬い方を選択)、HOPパッキンは東京マルイ純正を加工したスリックパッキンを使うので、いつも通りHOP窓の拡張を行います。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

チャンバーは純正です。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

組み込むとこのような感じでマズルからバレルが飛び出してしまいます・・・。
IMG_3794_1

なので、VFC製 HK417用 16インチ アウターバレルを買ってきました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

さすがはVFC純正。
素晴らしい質感と重量感です。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ちなみに、箱出しでは良く分からないオイル(錆止めだと思う)がべっとり付いてるので、一旦ブレーキクリーナーで洗浄しました。

アウターバレルを取り付けるとこのような感じ。
バレルは完全に隠れていますが、フラッシュハイダーの根本から1cm位の所までインナーバレルが伸びています。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

肝心な初速ですが、95m/s前後で安定しています。
いつも通りの感じだと暫く放置すると1~2m/s程上がり割とギリギリになっちゃいそうな気もしますが、とりあえずこれでちょくちょく動かしつつ1週間ほど寝かせます。
IMG_3792_1

という訳で、これでVFC HK471弄りは一旦終了です。
ロングレンジカスタム想定なので、とりあえずスコープ乗っけておきました。(乗せてるスコープはシューター向けのBushnell AR OPTICSなので、5.56mm弾用レティクルなんですがね・・・)
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

とりあえず、これで今度のサバゲーに持って行って出来栄えを見ようと思います。
割といい感じだったらバイポッドとかも付けたいなー。
あと、スコープをもっとデカイのにしたい。